Winter cold may freeze and break the water purifying system

Water purifying system of Fukushima has the hose which runs over tens of kilometers, outside. Most of the parts are made of usual vinyl chloride material, which you can buy at a supermarket.

There is a possibility that it is frozen and has blownout because of the cold weather.

Tepco states that if the weather is not unusually cold – it would last, but it has no basis as always.

According to the specification of the hose, it does not last if it is colder than 0~ -5℃.

Last January and February, in the area around Fukushima there were only 5 days when the lowest temperature was warmer than 0℃ and there were 15 days when the lowest temperature was below -5℃.

The water injecting part has the water flowing continuously, but at other parts contaminated water has stopped being subject to the speed of water processing.

Tepco states they will wrap the hose with adiabatic material, where the low level of contaminated water goes but they can not do anything for the parts where the high level of contaminated water goes because you can not even get close to those parts.

If the hose experiences a blowout – high levels of contaminated water will leak or building will be filled with highly contaminated water. In that case, there is no way to specify the broken part except via a person actually walking along the hose and inspecting it.

(Source)

冬本番 福島第一 冷却ホース凍る恐れ

2011年12月26日 朝刊

本格的な冬の訪れで、福島第一原発の「冷温停止状態」を保つのに不可欠な塩化ビニールホースに、凍結やそれに伴う破裂などトラブルへの懸念が出ている。タービン建屋から高濃度汚染水を移送して浄化、その水を原子炉の冷却に使用-。水の循環に使われているホースは全長十数キロに及び、破裂すれば汚染水が漏れることになるため、東電も対策を検討している。 (志村彰太)
東電によると、循環式の冷却には、一部は鋼管が使われているものの、大半は塩ビ製のホース。ほぼ全てが野ざらしで地面に置かれている。
原子炉に注水している部分は、常に水を流しているので凍る危険性は低い。しかし、汚染水を浄化システムまで運んだり、浄化した水をタンクに運んだりする部分は、処理の進み具合に応じて水の流れを止める。
この時期、福島第一近辺では、ほとんどの日で気温が氷点下にまで下がる。もし、ホース内の水が凍れば、汚染水を移送する際に詰まった箇所に圧力がかかってホースが破裂し、放射性物質を含む水が漏れたり、移送できずに一時保管する建屋で水があふれたりする恐れがある。
東電は凍結対策として、低濃度汚染水のホースでは「必要に応じて断熱材を巻く」としているが、具体的な箇所や時期は未定。高濃度汚染水を流すホースは人が近づけないほど放射線が強く、作業は困難だ。
ホースは一般的に販売されている製品。東電は「通常の気象条件なら大丈夫」と説明するが、メーカーの説明書には、耐えられる温度の下限は零度かマイナス五度までと書かれている。
福島地方気象台によると、福島第一に近い浪江町の観測所で今年一~二月、最低気温が零度を上回ったのは五日間しかなく、マイナス五度以下の日は十五日間もあった。
東電の担当者は「状況を見ながら順次、対策を進めたい」としているが、凍った場所を特定するのは容易ではない。異常があった際は、見回りで見つけるしか方法がなく、装置の安定稼働にはまだ課題が残っている。

About Author