China continues restricting importing baby formula from Japan

Because of the Fukushima accident and foot-and-mouth disease which prevailed in 4/2010, China bans importing baby formula.
Having measured cesium from baby formula, China re-confirmed to continue restricting importing baby formula from Japan from now too.

Meiji’s baby formula produced in Australia must pass their radiation test and get labelled as “Made in Australia.” Chinese government stated Australian products don’t need to be restricted.

(Source)

【北京時事】中国国家品質監督検査検疫総局は7日、日本産の粉ミルクについて、昨年4月に日本で発生した口蹄(こうてい)疫や今年の東京電力福島第1原発事故の影響を受けて導入されている輸入禁止措置を現在も継続していることを改めて明らかにした。
明治の粉ミルク「明治ステップ」の一部から放射性セシウムが検出されたことは、7日付の中国各紙も報道。同総局は、オーストラリアで製造され正規輸入された明治の粉ミルクについては、検疫当局の検査に合格し、「豪州産」と表示しなければならないと指摘。正規販売されている豪州産製品には問題ないとの認識を示した。

Categories: Uncategorized

About Author