Rice-planting in protective clothing

Rice-planting in protective clothing

 

In Okuma machi Fukushima, where is 6km South-West to Fukushima plant, local government staff planted rice and vegetables in protective clothing on 6/12/2012.

The entire area of this town is in hazard area. They planted in the farm and another farm after decontamination to see how much radiation is absorbed by the plants. They removed 5cm of the soil from its surface for decontamination.

防護服姿で田植え 大熊町で試験作付け
東京電力福島第1原発事故で全域が警戒区域に指定されている福島県大熊町は12日、放射性物質が農作物にどの程度取り込まれるか調べるため、コメや野菜の試験作付けを町内で始めた。場所は第1原発から南西に約6kmの住宅地の一角。4m四方の田と畑でコメと野菜をそれぞれ育て、収穫後に汚染濃度を調べる。表土を約5cmはいだ隣の田畑でも、同様に作付けをして除染の効果を確認する。12日午前、町職員らが防護服姿で水田に入って苗を手で植え、畑をくわなどで耕してニンジンやホウレンソウなどの種をまいた。 写真=12日午前、防護服姿で水田に入り、苗を植える福島県大熊町の職員ら

Source

 

 

Categories: Food contamination