24 Nuclear Safety Commission members received 85 million yen of donation from nuclear companies

The Nuclear Safety Commission, which has responsibility for the governance of the nuclear industry, has been involved in bribery.

24 of 89 members, including the chairman Madarame Haruki, have received 85 million of “donation” from nuclear related companies or organizations for these 5 years.

11 od 24 members even received money from electric companies and nuclear fuel manufactures which must be checked by Nuclear Safety Commission themselves.

(Source)

原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円

東京電力福島第一原子力発電所の事故時、中立的な立場で国や電力事業者を指導する権限を持つ内閣府原子力安全委員会の安全委員と非常勤の審査委員だった89人のうち、班目(まだらめ)春樹委員長を含む3割近くの24人が2010年度までの5年間に、原子力関連の企業・業界団体から計約8500万円の寄付を受けていた。朝日新聞の調べで分かった。

うち11人は原発メーカーや、審査対象となる電力会社・核燃料製造会社からも受け取っていた。

原子力業界では企業と研究者の間で共同・受託研究も多く、資金面で様々なつながりがあるとされる。中でも寄付は使途の報告義務がなく、研究者が扱いやすい金銭支援だ。安全委の委員へのその詳細が明らかになるのは初めて。委員らは影響を否定している。

Categories: Uncategorized

About Author