Tepco removing 2 fuel assemblies from reactor4

 

 

Tepco is attempting to remove 2 assemblies from reactor4 around in July for a test.
The assemblies are new ones, which are not fissioning to heat supposedly. They plan to check the damage to the fuel assemblies and how to stock.

There are 783 assemblies of spent fuel, 548 assemblies of the fuel taken out of the reactors and 204 assemblies of new fuel. They are starting to remove the rest of the fuels in 2013.

 
東電、未使用燃料を試験取り出し 福島原発保管プールから

東京電力が福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールに保管している未使用の燃料2体を、7月前後に試験的に取り出す方向で検討していることが27日、分かった。

未使用の燃料は使用済み燃料と異なり、核分裂をしていないため発熱せず、危険性は小さい。取り出した燃料の損傷の程度を確認し、今後の保管方法などを検討する。

昨年3月の事故時、4号機は定期検査中で、原子炉建屋5階の燃料プールには使用済み燃料783体、原子炉から取り出した燃料548体、未使用の燃料204体の計1535体が入っていた。政府と東電は廃炉に向け、2013年にこれらの燃料の取り出しを始める計画。

2012/05/27 19:54 【共同通信】
Source

 

 

Categories: Spent Fuel Pools

About Author