30km of active fault underneath Mt. Fuji

Following up this article..New crater appeared on Mt.Fuji

Investigation of underground structure by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology and Earthquake Research Institute of Tokyo University suggested that active fault runs for 30km directly under Mt.Fuji on 5/10/2012. This investigation was conducted from 2009 to 2011.

It may cause M7 class of earthquake to collapse the body of mountain by sediment and mud flow.
This active fault may have caused the collapse of the mountain 2900 years ago.

 

 

富士山直下に活断層か=巨大山崩れの可能性も-長さ30キロ、M7級・文科省
富士山(3776メートル)直下に長さ約30キロの活断層が存在する可能性があることが10日、文部科学省などの調査で分かった。想定マグニチュード(M)は7クラスで、地震の揺れに伴い大量の土砂や泥流が流れる「山体崩壊」の危険性がある。約2900年前に起きた同様の災害も、この断層が引き金だった可能性もある。
文科省や東京大地震研究所が2009~11年度に行った地下構造調査で判明した。結果は静岡県にも伝えており、千葉市で20日から始まる日本地球惑星科学連合大会で発表される。(2012/05/10-12:02)

 

Source

 

 

Categories: Natural disasters