Tag "election"

Back to homepage
Contaminated water crisis Sea contamination

Tepco postponed the announcement of sea contamination, “because they compiled the document during the weekend”

Following up this article..[Breaking] Tepco officially admitted contaminated water is leaking to the sea [URL] In the press conference of 7/26/2013, Tepco stated Tepco’s president Hirose knew the fact that

Contaminated water crisis

Media “Didn’t you wait for election to end for admitting the sea contamination ?” → Tepco “Obviously No”

On 7/22/2013, Tepco officially admitted the contaminated groundwater is flowing to the sea. They have been trying to avoid admitting the fact and did not publish all the related data.

Column Cover-ups Plant hazard

[Column] What can be anticipated after the pro nuclear government stands

  House of Councillors election just ended today. Now Japanese people are waiting for the definitive result. The prompt report says anti nuclear activist, Yamamoto Taro won, at the same

Column Cover-ups

[Column] I hope my presence encourages all kinds of people to question the world

Even if the odds are against us, our urging tenacity to the goal relieves us from the fear to lose. My goal is to convince everyone in the world that

Column

[Column] Fukushima Diary will always be the Live-report of what really matters for you

Soon I’m going to be settled. I’m starting to buy daily stuff little by little. Today I bought two T-shirts. They are used clothes for female, 4€ for each. The

Uncategorized

Yamamoto Taro to come forward as a candidate for House of Councillors election in July

An independent journalist, Tanaka reported anti-nuclear activist / actor, Yamamoto Taro is going to come forward as a candidate. The voting day will be 7/21/2013.     <Translate> Reporting from

Column

[コラム] 国の運命は変えられなくても、自分の運命は変えられる

This is the Japanese version of this column.   僕はグーグルランクマニアではありませんが、去年の11月からFukushima Diaryのサイトのトラフィックを見るのはやめていました。 サイトのトラフィックは去年の9月から減り始めており、福島の問題に本当に関心のある人だけが最終的に残ってくれるんだろうと思っていました。その時から、僕の主な目的は福島を、「その日」が来るまで世界から忘れられないようにすることでした。 しかし今から約一ヶ月前、トラフィックが上がり始め、なぜか爆発的な勢いで上昇を続け、今でもそのレベルのまま推移しています。なぜか理由は全く分かりません。 ルーマニアで会社を作り、ビザをとる。全てが初めての経験で、ルーマニアにとってもレアなケース。何をやっても問題だらけ。 銀行などに関しても先週は問題続きで自分を集中させるのが難しい状態でした。 でもなぜかなんとか行っています。どういうわけか、なぜか少しづつ問題が解決されてきています。 道のないところを這い進む生活のなかで、諦めてはいけないということを身にしみて理解しました。抜け穴はいつも見つかるらしい。もちろん、身が軽ければ軽いほど通りぬけ易いわけですが。 不安に苛まれ、恐怖に足がすくむこともあります。自暴自棄になってしまいそうな時もあります。しかし世の中がうまく出来ているのは、明日という日は絶対に予想したとおりにはいかないということです。 今から一ヶ月。おそらく日本では誰もが選挙のことを話してると思います。世界の日本に関するニュースも選挙についてのことばかりでしょう。しかし我々に出来る事はもう非常に限られています。 おそらく、この選挙は何ヶ月も、何年も、何十年にも渡って続いてきた過程の到達点であり。我々が動くには遅すぎるのです。少なくとも日本ではそういう状態です。 おそらく自民党が勝つ。原発は再稼働され、人々の権利は危険なほど制限され、活動家と呼ばれる人たちは隅に押し込まれます。僕が2年前に日本を出た理由の一つにはこれがあります。 もう既に未来は決まっている。 しかし我々は諦めてはいけない。国を変えられなくとも、我々自身のことは変えられる。自分自身を変えられる。明日を変えられる。どこに住むかを決めるのは我々自身で、どういう死に方をするかを決められるのも我々自身。だから自暴自棄になっては絶対にいけない。 種を蒔き続けなければいけない。我々を助けられるのは我々以外にはいないのだから。     Iori Mochizuki   Thank

Column

[Column] Don’t stop sowing seeds

Though I’m not a “google rank mania” of website, I quit checking the traffic last November. It was declining since last September and I thought people who really care about

Column

[コラム] 全て説明した上で分かってもらえないなら立ち去るしかないのではないだろうか。

This is the Japanese version of this column.   実際おれと会った人ならわかると思うけど、おれは結構寡黙で長考するタイプだ。というか自分の中でなんかが閃くのを待ってる。ずっと議論してるようなタイプではない。でも結論には100%自信を持っているし、仮説の場合は強力な反駁を待っている。そのせいでよく頑固といわれるが、おれの場合意見じゃないんだ。結論なんだ。 その結論として、結局人を説得してなんかをさせることは無理だと思うに至った。特に311以降そう確信した。 放射能に関しても、多分今誰でも論破することは可能だろう。でも遅かれ早かれその人も結局元のポイントに戻ってきてしまうことが多い。 だから、我々の知っていることを全て説明し、それでも反対するなら”そうですか”というしかない。 もしあまり余裕がないなら、我々に出来ることは立ち去るのみだ。利害関係にならないようにするしかない。その人に何が起こっても、あまり影響を被らないで済むように。 おれは民主主義にも悲観的だ。少なくとも日本では民主主義が機能しているところを見たことがない。海外では日本人は原発推進派の自民党を選んだんだからそれが民意なんだという声もある。しかし自民党は先の選挙期間中福島で脱原発をうたっていた。戦争は平和、自由は隷属、無知は強さ、という感じだ。 選挙結果などマスゴミと小選挙区制とムサシの三種の神器でいくらでも変えられてしまう。 要するに、立ち去る、しかないのだと思う。 これが今のところのおれの結論だ。だから全ての国から独立しようとしている。実際、地球上全てどこかの国に塗りつぶされてなきゃいけない理由はないし、国境と国境の間に隙間があってはいけないという理由もない。 原子力の問題だけ解決することは出来ない。メディア、腐敗した民主主義、無知、偏った教育、それらのより巨大な腐乱死体に深く根付いてしまっている。原発問題だけ解決しようとするのはゾンビの歯だけ治療しようとするようなものだろうと思う。歯だけじゃない。全身腐ってるんだ。 Fukushima Diaryの記事を書き続けて大体2年になる。いくつかの記事は”警報”や”仮説”だったりするが、それ以外は全てキチッとしたソースがある。おれはそれらの記事に対して120%の確証がある。 それに対して信じる信じないを決めるのは読者の君だ。おれじゃない。それは自分で決めることだ。理由がなんであれ、もし信じないなら信じなければいい。 2011年の3/14から3/16まで都内でガイガーの画面をユーストでライブ配信している人たちがいた。おれは線量が上昇していくのを目の当たりにしたが、”日光のせいだろ”という人がいた。おれはそれを信じた。信じたかったからだ。避難の準備なんて何も出来ていなかった。仕事も、アパートも、ペットもいた。信じたかったのは、リアルタイムで被曝してるなんて考えたくなかったからだ。その理由は結局、”恐かった”からだ。     Iori Mochizuki

Column

[Column] I tell everything I know, it’s your turn to decide to believe or not

If you have met me in person, probably you know I’m a deep-thinker. I’m not the type of person who keeps talking on and on and pushes everyone over. I