Coolant system of SFP in reactor2 is stopped

Since 14:01 of 6/27/2012, the coolant system of SFP2 has been stopped.
They confirmed the cooling pump of systemA automatically stopped by the web camera of the seismic isolation building at 14:22. They caused the short circuit to set a digital recorder of a flow meter.

The water temperature was 22.9℃, it is estimated to increase at 0.24℃/h by Tepco.
Tepco states they confirmed no water leakage at 14:40, and the water temperature is under control.

 

【2号機】・6/27 14:01 使用済燃料プール代替冷却システムにおいて、異常を示す警報を免震重要棟で確認。14:22、「一
次系差流量大」の警報が発生し、運転中の冷却ポンプ(A)が自動停止していることを免震重要棟
のウェブカメラで確認。14:40、現場において当該系統からの漏えいがないことを確認。なお、同シ
ステム停止時のプール水温度は 22.9℃で、プール水温度上昇率は約 0.24℃/h と評価しており、
プール水温度管理上は問題ない。原因について調査した結果、現場にて流量計のデジタルレコ
ーダー設置作業時に、ケーブルを誤って短絡させたために、「一次系差流量大」の誤信号が発生
したものと推定。今後、流量計等の健全性確認を実施し、使用済燃料プールの冷却を再開する予
定。

 

↓ 1:47 ~

 

 

Source

 

 

Categories: Spent Fuel Pools

About Author