27,000 Bq/Kg in Kawasaki, 240 km from Fukushima

27,000 ~ 21,000 Bq/Kg of cesium was measured from the soil sample taken in the Tamagawa river riverbed. It is in Tonomachi Kawasaki city Kanagawa, 240km from Fukushima. Riverbed management devision of Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism analyzed the sample.
Though there is no decontamination plan, they covered the highly contaminated soil with sandbags and surrounded the places where they measured higher than 0.19 μSv/h with ropes by 5/30/2012.

 

27,000 Bq/Kg in Kawasaki, 240 km from Fukushima
神奈川県川崎市川崎区殿町先の多摩川河川敷の土壌から一キログラム当たり約二万七〇〇〇~二万一〇〇〇ベクレルの高濃度の放射性セシウムが検出されていたことが分かった。河川敷を管理する国土交通省京浜河川事務所が五月に汚染物質を調べて判明した。同事務所は「今のところ除染の予定はたっていない」としている。 (山本哲正) 河川事務所は「原発事故由来と考えられる」と分析。五月三十日までに、三カ所の土を土のうなどで覆い、川崎市の除染の目安である「毎時〇・一九マイクロシーベルト」を上回る範囲をロープで囲った。
Source

 

 

Categories: Uncategorized

About Author