Minamisoma is 122 times more contaminated than mandatory evacuation zone in Belarus

Mr. Oyama, a Minamisoma city councilor measured cesium 134 / 137 of the soil of Minamisoma city.

南相馬市議会議員の大山こういち氏が南相馬市内の土からセシウム134、137を検出しました。

The analysis was done by a laboratory of Minamisoma local government.

分析は市の研究所によって行われました。

The result is like this graph below.

結果は以下のグラフの通りです。

The most left “bar” is the doubled limit of mandatory evacuation zone in Belarus. (2*1,480,000Bq/m2). It was needed for the 2 reasons.

一番左の”棒”は、ベラルーシの移住義務ゾーンの基準(148万Bq/m2)を2倍にしたものです。 この理由は以下の2点です。

1. Otherwise it is too small to recognize on this graph.

2倍にしないと小さすぎて見えない。

2. Because the limit of 1,480,000Bq/m2 is only cesium137. By doubling the figure, it gets close to the total of cesium 137 and 134.

ベラルーシの基準がセシウム137のみであるのに対して、今回検出されたサンプルはセシウム134と137の合算であるため、ベラルーシの値を2倍にすることでセシウム134と137の合算に近づけた。

Minamisoma is 122 times more contaminated than mandatory evacuation zone in Belarus

 

Minamisoma is 122 times more contaminated than mandatory evacuation zone in Belarus2

 

On 4/16/2012, Japanese government lifted hazard area of this zone.

4/16、この地区は警戒区域を解除されました。

 

Source

 

Categories: Uncategorized