News: September 3, 2011

Just after 311,private institutions were stopped to publish their radiation forecast by ministry of science.

http://protectchildren311.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

[Tweet of an actual Fukushima worker]


今日 同僚がWBC受けたんだけど
今までカウント数を教えていたくれていた訳だけど
今日になって個人情報保護の為に本人にすらカウントを教えなくな ったらしい
カウントを目安にしていただけに物凄く頭に来てる
少なくとも自分のカウント位知る権利はあるとおもうんだがなあ.

They started conceal the Whole Body counter result even to the person himself,to save “privacy”.

French : [Tweet d’un travailleur actuel de Fukushima]
Ils ont commencé à dissimuler les résultats des tests d’exposition interne à la personne elle-même, pour protéger la «vie privée».

[Emergency]

ふくいちライブカメラ(福島第一原子力発電所) | 東京電力

The pool to stock spent fuel rods in unit 4 was broken.It’s lighted up in the camera.

http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/

French : l’Unité 4 est en train de s’écrouler.
Cette information vient de la conférence de presse de TEPCO. Un peu maniaque, mais très important. Le typhon arrive. L’unité 4 ne peut pas le supporter.

Fisheries Agency published the latest data of sea food contamination.

http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/pdf/110831_result_jp.pdf

http://www.jfa.maff.go.jp/e/inspection/pdf/110830_kekka_en.pdf

Japanese food contamination survey – update

@momonkero
ももんけろ

@shenwei @irukatodouro @hanayuu 4~5月は、野菜売り場に行くと、顔が猛烈に痒くなり、野菜売り 場に近づけなかった。最近、北海道産や青森秋田などが多く並ぶようになり、治まって…。神経のせいと自分で認めないようにしていましたが、同じような方がいて吃驚

this person could not go close to the vegetable booth because his face felt intensely itchy in April and May. Lately, they have many vegetable from Hokkaido and Aomori and I do not feel itchy anymore. I was surprised to see other people feeling the same.

=[野田新首相は原子力エネルギーは日本に必要だという考えです。原発廃止するつもりはない。」これが,我が国の新しい政府ですよ皆さん!さあ、ふんどしを締め直そう!

” Noda has said that he supports reducing Japan’s reliance on nuclear power but cannot envision a Japan entirely free of nuclear energy.”

Link to facebook page

http://twitter.com/#!/nakiron/status/109432511297355776/photo/1


@KinositaKouta 大田区です。昨日、二つくっつい たねこじゃらしを見つけました。こういうのって時々あるのでしょ うか…私は初めてです。2歳の子が見つけました。保育園の近くなので心配になってしまいました。

‎”From Ohta-ward. Found yesterday was a two-headed fox tail grass. Is such found anytime? The first for me. My two-year-old found it. It made me worried as it is close to the nursery school.”

German:
Ohta. Gestern zweiköpfiges Gras (foxtail grass) gefunden. Hat man so etwas jemals schon gefunden? Ich habe es zum ersten Mal gesehen. Mein zweijähriges Kind fand es. Es hat mich beunruhigt, weil es in der Nähe eines Kinderhortes war.

投稿日:2011/09/02(金) 13:31:55.14 ID:tvOLbk8S0


小学生の子供。
顔にほくろが増えたというので見ると鉛筆の芯ぐらい
小さいのが3つ増えていました。ネットで検索すると、手に出来たっていう大人が結構居るみたいで、
自分の手を見たら、、娘と同じホクロがいっぱい増えてました。。
お子さんにホクロが出来たなと思われる方いらっしゃいますか?

投稿日:2011/09/02(金) 13:41:25.40 ID:bMAsgPlp0 [1/3]
うちの子にも出来ました。
足に4ヵ所。
うーん…。これは…。どう考えたらいいんだろう、とずっと思っていました。
東京23区です。

2011/09/02(金) 13:31:55.14 ID:tvOLbk8S
child in grade school.
says more moles on face, and found 3 additional small ones, a size of the pencil lead.
search on the internet. some adults’ reporting the same on hands.
looked at my own hands, found numerous moles, like my daughter’s.

2011/09/02(金) 13:41:25.40 ID:bMAsgPlp0
my child has it too.
4 locations on foot.
hmmm… this…how should i understand, has been my thought all this time. from the tokyo 23wards.

小出裕章・京都大学原子炉実験所助教による福島原発事故の解説

毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」(月~金曜)

http://www.mbs1179.com/tane/

http://twitter.com/tane1179

1日放送分(87回)書き起こしをメールより転載させていただき

ます

*****

 原発関係のニュース、半径20km以内の警戒区域で、3kmの
一時帰宅が半年振りに実現しました。2kmにいた68歳の女性、主人の遺骨を持ち帰りたいということでした。安定的に冷却されていると、3kmも帰宅です。

 川内原発停止となり、厳戒原発も定期検査で、九州の原発がすべて止まります。12月に再開を目指すものの、見通しは立っていません。

 千葉県、米を生産している52地区の検査をして問題なしでした。2地点で40ベクレル程度でした。

 そして、小出先生のお話、1週間ぶりです。この間、総理が脱原 発の菅氏から、再開したい野田氏に変わるのですが、小出先生政治が大嫌いで、「残念です」とのことです。

 昨日、1~4号機の廃炉で、作業工程案を出し、ロボットで建屋を除染し、中を水で満たすというのですが、これは出来ない、ロボットでの除染は、完璧には出来ないが、人間が入れるまで、ロボットにしてもらうしかないのです。それだけでは人間が入れず、大変なのです。

 格納容器の水漏れを直すのは無理であり、難しいのは融けた炉心が、圧力容器の中にあったはずであり、この中に炉心があれば作業は容易ですが、これを融かして外へ出ている、格納容器を水没させるのは無理で、取り落ちたものはペレスタル(圧力容器の下)にあり、東電はここに炉心が残っていると期待しているのですが、ペレスタルから出ていると思われ、これの回収は今の東電の工程表では無理であり、困難なのです。

 アメリカのスリーマイルの話があり、こちらでは東電の対応で出来たものですが、3つもメルトダウンしており、1号機はメルトダウンを国も認めている、圧力容器の底が抜けて、スリーマイルのようなことは出来ない、2,3号機は炉心がどこにあるか分からない、絵に描いた餅なのです。

 どう処理していいかは「分からない」、人類が始めて遭遇する事態であり、今どうなっているかも不明で、その後の未知の領域に踏み込まないとだめで、東電は楽観的、未知の領域に入っていないのです。

 汚染された瓦礫、8000~10万ベクレルを一般廃棄物としての処理を国は決めたのですが、放射能に安全性は使っていけない、危険を我慢するかであり、原発を解体、廃炉にすると60万立方メートルのごみが出て、あるレベル以下のゴミを放射能として扱わなくていいという法律(1kg100ベクレル以下)を作り、しかし、そんなことを言っていられない、8000ベクレルも容認し、「途方もないことを言い出した」、「この程度の危険なら受け入れるしかない」のです。原子炉1つで60万立方メートル、福島はそれも比較にならない膨大なもので、下水の汚泥もある、それを、どうやって始末するか、法律で対処不可能であり、「ある程度のことは我慢するしかない」のです。

 菅総理、福島に中間処理施設を作ると言い、しかし、最終処分になるのですが、「これは悩ましい」、瓦礫、避難地域の大地も汚されており、放射性物質、本来は原子炉の中にあるもので、東電の所 有物が事故で噴出し世界に汚染している、これを「東電に返す」、理想は原子炉内に返すのですが、福島第1の敷地内に戻すしかない、小出先生の夢は「東電の本社に持っていく」物なのですが、原発 敷地内に持っていくしかないが、それでは足りない、原発の周囲で、二度と人の住めないところに核のゴミを置く、これは言いにくいことだが、しかしだからと言ってそこを日本中の核のゴミの墓場にしてはいけない、今回の事故に限りこの処置をすべきなのです。

Description of the nuclear accident in Fukushima by Hiroaki Koide of Kyoto University Research Reactor Institute, Assistant Professor

Radio Mainichi, “Journal of sowing” (Monday to Friday)

http://www.mbs1179.com/tane/

http://twitter.com/tane1179

Episode day (87 times) will be reproduced from the transcript Email

*****

Nuclear-related news, the warning area within a 20km radius, achieved a furlough of six months to pretend 3km. 68-year-old woman was in a 2km, was that 持Chi帰Ritai husband’s ashes. That is cool and stable, is also home 3km.

Sendai nuclear power plant will stop and, periodically test the primary limit, stop all the nuclear power plant in Kyushu. While aiming to resume in December, the outlook is not standing.

Chiba Prefecture was no problem and inspection of the 52 districts to produce rice. Becquerel was about 40 at two points.

And tell Dr. Koide is the first time in a week. Meanwhile, the elimination of nuclear Kan Prime Minister, I want to resume Noda change, in despotism hates Koide, “sorry” is said.

Yesterday, the decommissioning of Units 1 to 4, out the proposed work process to decontaminate the building robots, I still meet water inside, it is not possible, decontamination of the robot is perfectly have not, up until a human is not only get to the robot. It just does not insert a human, it’s great.

Fix the leak containment is impossible, but difficult for molten core, which should have been in a pressure vessel, if the work is easy in this core, it melted You have to go out, in which containment is impossible to submerge, the bird fell Peresutaru (under the pressure vessel) and to TEPCO and I hope that remains the core here, seems to have been out Peresutaru recovery of this table is the process of TEPCO now impossible, it is hard.

There is talk of America’s Three Mile, here is what we in dealing with TEPCO has been no meltdown three countries acknowledged that Unit 1 is a meltdown, is missing from the bottom of the pressure vessel, three Miles can not be like that, Units 2 and 3 do not know where the core is a picture of a pie.

What do you do with the “know” things are starting to encounter a human, I do not know what might have been in uncharted territory I have to 踏Mi込Manai subsequent optimistic TEPCO, uncharted territory I did not enter.

Contaminated rubble, treated as a national municipal waste to 10 to 80 million becquerels I decided, should not use radiation safety, and to put up with danger, dismantling nuclear power plants, decommissioning 600,000 cubic meters of garbage out with you, as the law that I have to deal with radioactive waste below the level of (less 1kg100 Becquerel) making, but can not bear to say such a thing, and also accepted Becquerel 8000, “言I出Shita be tremendous,” “If you only have to accept this level of risk” is. 600,000 cubic meters in one reactor, with enormous Fukushima also can not compare it, some of the sewage sludge, it or get rid of and how the law is not addressed, “that bear some degree of only “is.

Prime Minister Kan, said making the intermediate treatment facilities in Fukushima, however, is to become final disposal, “This is troubling,” rubble, have been polluted even the land of an evacuated area, radioactive materials, originally in the reactor In some, the world has erupted in an accident that contaminated the property of TEPCO, which “returns to the Electric Power”, is ideal for a nuclear reactor in return, only to return to the site of the first Fukushima dream of Dr. Koide is “take it to the headquarters of the Electric Power” is something that, we have the only nuclear power plant site, and not enough So, around the nuclear power plant, nuclear again where people uninhabitable Place the garbage, but this is hard to say it, then trash the nuclear graveyard in Japan but do it just because, this is only an accident should take some action this time.

投稿日:2011/09/02(金) 17:39:04.69
吐き気と腹痛が、収まったり急に襲ってきたり、もう3日も続いてる……どうなってんだこれ。
今また来た



投稿日:2011/09/02(金) 17:48:45.97 
ここ二三日喉が痛い@千葉北西部
市川市の線量上がってるの昨日夜知ったんだけど、あれは何だったの

2011/09/02(金) 17:39:04.69
sudden attacks of nausea and abdominal pain has continued for three days. what is going on. here it comes again

投稿日:2011/09/02(金) 17:48:45.97
for a couple of days, my throat hurts @northwest chiba
last night, i learned that ichikawa city’s radiation level was going up, but what was that all about?

‎@i_y_aki
あき
この動画の例…先月白血病で亡くなられた作業員の方の症例と関係があるりそうな気が… RT @irukatodouro: チェルノブイリ以後、白血病の症例増加、急激に症状が悪化する特 異的な白血病が見られ調査を要するという報告

@i_y_aki
the example in this movie… appears to be similar to the symptoms of the fukushima worker who passed away last month of leukemia.

RT @irukatodouro: this report calls for research needs for the post chernobyl increase in leukemia incidents, for specially abnormal leukemia symptoms which becomes malignant rapidly.

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20110901-OYT8T00069.htm


さいたま市岩槻区内で珍しいユリの花が見つかった。1本の茎に多数の花が群がるように咲く。
茎の高さは約1メートル、太さは10~20センチ。周囲に甘いにおいを漂わせている。
近くに住む会社員三橋保子さん(59)によると、これまでも付近では野生のユリが花を咲かせていた。しかし、この花はあまりにも大きく「気味が悪いほど」。周囲のイモ畑やオクラ畑に遮られ、人目に触れず咲いているという。

(2011年9月1日 読売新聞)

Partial translation:

A rare lily was found in Saitama City Iwatsuki Ward.

It blooms so that a large number of flowers gather around one stem.

The height of the stem is about 1 meter, and the thickness is around 10-20 centimeters. It has a smell that hangs around in the air in its surroundings.

According to office worker Yasuko Mitsuhashi (59) who lived nearby,

Having trouble figuring out the last part:

a wild lily let a flower bloom near by till now.

However, this flower is too big [a tendency is bad]. It is shut out in neighboring potato fields and okra fields, and it is said that it blooms without mentioning the public eye. (the September 1, 2011 Yomiuri Shimbun)

German:
Eine seltsame Lilie wurde in der Stadt Saitama im Bezirk Iwatsuki gefunden.Auf einem Stengel drängen sich viele Blüten. Der Stengel ist einen Meter hoch und weist einen Durchmesser von 10 bis 20 cm auf. In der Umgebung der Blume schwebt ein süßlicher Duft.
Laut der 59 jährigen Frau Mitsubashi traten in dieser Umgebung auch schon zuvor wilde Lilien auf. Allerdings sei diese viel zu groß und verbreite eine “unheimliche Aura”. Verdeckt hinter den Kartoffel- und Okrafeldern blühe sie hier von der Öffentlichkeit unbemerkt. Yomiuri Shinbun, 1. Sept. 2011

[Warning]

Mutated roach.


http://vegha.seesaa.net/article/223785343.html

NaomiKawaguchi: 54基中42基が停止中。そのままおやすみなさいだよ。 …
twitter.com
‎54基中42基が停止中。そのままおやすみなさいだよ。:NHKニュース 全国の原発 80%近くが停止

http://t.co/YxbNMNX

#原発とめろ

of 54 reactors, 42 is stopped. stay asleep just like that.



from NHK news- nearly 80% of nuclear power plants are not operated.

‎@KinositaKouta  今朝の記事で福島県の6市町村からチェルノブイリでは、強制避 難となった148万bqの地域が多数発見されました。大熊町では1545万bqだそうです。

The same or higher level of contamination as mandatory evacuate area of Chernobyl (=1480000 Bq) was found in many areas in 6 cities (incl. villages) in Fukushima prefecture. An area in Okuma-cho had 15450000 Bq.

French: Un niveau de contamination équivalent ou supérieur au niveau….==.imposé=== d’évacuation de Chernobyl (=1480000 Bq) a été trouvé dans plusieurs zones dans plusieurs villes (et villages) de la préfecture de Fukushima. Une zone d’Okuma-cho avait 15450000 Bq.

German: In 6 Orten der Präfektur Fukushima wurde eine höhere Kontaminierung festgestellt, als die 1.480.000 bq (missing unit in japanese- bq/sqm?) ab denen nach dem Reaktorunfall in Tschernobyl evakuiert wurden. In dem Ort Okuma wurden sogar 15.450.000 bq (/?) festgestellt.

Korean: @ KinositaKouta 오늘 아침 기사 후쿠시마현 6 시정촌에서 체르노빌은 강제 대피가 148 만 bq 지역이 다수 발견되었습니다. 큰곰자리 마을에서 1545 만 bq라고합니다.

@0530mhiromi
ひまわり♪
ガイガー持ってスーパーへ。スーパーに入った途端に数値が上がる。野菜売り場…更に上がる。ガイガーで食料品を測定することが出 来ないのは分かっているけど、ちょっと怖い。。。@大阪

I went to a supermarket with a Geiger counter. The reading increased as I entered there, even more increase at the vegetable section. I know that Geiger counter can’t measure foods but a bit scary…@ Osaka (west part of Japan)

French: Je suis allée dans un supermarché avec un compteur Geiger. La mesure a augmenté comme je rentrais, et encore plus au rayon légumes. Je sais quun compteur Geiger ne peut pas mesurer les aliments mais ça fait un peu peur…@ Osaka (Ouest du Japon)

German: Sonnenblume- Ich bin mit einem Geigerzähler in den Supermarkt gegangen. Als ich den Supermarkt betrat stieg der angezeigte Wert an. Als ich an dem Gemüsestand vorbeikam, stieg der Wert nochmals. Ich weiss zwar, dass man mit einem Geigerzähler die Belastung von Lebensmitteln nicht messen kann, aber ich bekam trotzdem Angst… @Osaka

Korean: @ 0530mhiromi
해바라기 ♪ 가이거 가지고 슈퍼에. 슈퍼에 들어간 순간에 수치가 오른다. 야채 매장 … 더 오른다. 가이거에서 식료품을 측정할 수없는 것은 알고 있지만, 조금 무섭다. . . @ 오사카.

‎@ayukkokurabu
あゆっこ
カモメが沢山死んでる。なんでかな?ちょっと怖い。

lots of seagulls are dead. why? scared a little…

French: Beaucoup de mouettes sont mortes. Pourquoi, un peu peur…

German: VIele Seemöwen sterben. Was kann das bloß sein? Es ist unheimlich…

‎@tadagonpapa
たまちゃん
【消えた50億円!】福島県のガラスバッジ予算は60億1千2百 万円 対象は15歳未満と妊婦の約30万人 60億割る30万人 はひとり2万円 福島民友発表ガラスバッジ1台は1万5千円 担 当の福島市教育委員会保健体育課さんに私が質問書を作成し直接回 答 ひとつ1500円税抜き検査料込み。

【Disappearance of 5 billion yen!】Fukushima Prefecture’s budget for “glass badges” is 6.12 billion. target groups are children younger than 15 years old and pregnant women approximately 300,000 individuals. 6 billion divided by 300,000 makes 20,000 yen per person. The Fukushima Minyou price for a glass badge unit is 15,000 yen. I composed a question paper directly to the personnel at the Fukushima City’s Education Council, Health and Physical Exercise Section, and received a direct answer. 1,500 yen per a unit, excluding sales tax and including analysis.

ロシア科学アカデミー会員ヤブロフ博士と白ロシア放射線安全研究 所の2名のネステレンコ博士が膨大なスラブ語の文献を整理して 「チェルノブイリ事故が住民にと環境に与えた結果」というタイトルの報告書を書いた。

疾病率(morbility)、障害(impairment and disability)
白ロシアでは1985年には健康な子供は90%であったが、2000年には20%に低下
白ロシアでは1986ー1994年の時期に新生児の死亡率は9.5%が205%に上昇。
事故の後始末に働いた若者は5年後に30%は病気になった。10年後には健康な若者は9%以下
ウェールズのホットスポットでは1986-1987年の新生児の

体重が1.5kg以下に低下した

加齢の加速
白ロシアでは幼児の消化管上皮の老化
ウクライナ寿命が7-9年短くなる
事故の後始末に働いた若者は同年より10-15年早く病気になり

寿命は5-15年短くなる
事故の後始末に働いた男子の81%、女子の77%は心臓病になった

循環器系の疾病
白ロシアでは避難者の血液とリンパ系疾病は事故後9年ではその前より3.8倍増えた。汚染地域に住民は他の地域の住民に比べ2.4倍になった
ウクライナでは事故後12年間は循環器系の病気が11-15倍に増えた
ロシアのブリヤンスク県では事故後10年間に渡り、子供の白血球数が極端に低くなった
白ロシアの新生児の赤斑が事故後2倍になった
事故処理労働者の致命的心筋疾患が一般人の平均の2.5%から22.1%に増加


遺伝子損傷
電離性放射線は遺伝子を損傷する。この損傷遺伝子は数世代に渡っ て残るであろう。汚染地帯では染色体異常が沢山観察された
チェルノブイリの遺伝子に与えた影響は放射線強が広島や長崎の数 1,000倍以上であったのでこれを多量にあびた第一世代への影 響が大きかった
事故直後の半減期の短い放射性物質にさらされた人、バックグランドと同じレベルに下がるのに300年を要するストロンチウム90、セシウム137と共存して生きる人、プルトニウム、アメリシウム汚染地域に住む人、およびその子供達は7世代にわたって影響が残るであろう
ノルウェーでは染色体異常10倍になっているのが56人の成人で観察された
スコットランドで21番染色体が1本余分に存在するトリソミー症(ダウン症)が2倍
セシウム137が3Ci/km2(111,000Bq/m2)のロシアのチェルノブイリ近辺で染色体異常が2-4倍になった
オーストリアで17名の成人の染色体異常が4-6倍になった
白ロシアで1987-1988年にかけてダウン症が49%増え、その他の国でも1987-1994年にかけ17%増
放射線をあびた両親の子や白ロシア、ウクライナに住んでいた子供のサテライトDNAの突然変異が2倍
白ロシアで事故後6年時点でウクライナにおいて放射線を浴びた父をもつ子の先天性発達異常は他の地区の1万人当たり960-1200人に比し、1,135-1,376人と増え た。脾臓、副甲状腺、甲状腺、副腎皮質、卵巣、睾丸などの内分泌 線の疾病は3倍になった

内分泌系
ウクライナでは1988-1999年にかけ、内分泌線の疾病が8 倍になった
白ロシアで1987年、事故の後始末に働いた人の子の免疫細胞に重大な変化が見られた
ウクライナの汚染地域では免疫細胞と体液が大きく損なわれた
ロシアの汚染地域に住む子供達に抗酸化と交感神経系の機能不全が見られた
呼吸器系
一般人、事故の後始末に働いた人の区別無く、10-15年後に免疫力の低下にとともに鼻咽頭および気管支疾患が増える。汚染が15-40Ci/km2に居 住していた子供は3年後に3.5倍。汚染地帯に住んだ女性から生まれた新生児の非感染性の呼吸器系障害は9.6倍。事故の後始末に働いた人の慢性肺疾患は 事故後15年間に10倍になった
 泌尿器系 放射線はホルモンのバランスが崩れるために腎臓、膀胱、尿路、卵巣、精巣が影響を受ける。2000年までのデータでは生殖器の不全は女子で5倍、男子で3 倍になる。1981-1995年間に白ロシアでは子宮内膜症が2.5倍になった。不妊症は1986年に比べ1991年には5.5倍。このうち精子異常は 6.6倍であった。1988-1999年に泌尿器生殖器疾患は2倍となった。54.1%の妊婦に癇前症、貧血、胎盤の破壊と多量失血が見られた。事故の後 始末に働いた人は1988-2003年の間、泌尿器生殖器疾患が10倍となった。


格・筋肉系
ホルモンバランスのずれ、または破骨細胞と造骨細胞が放射線で死ぬことにより骨粗鬆が増える。歯がだめになることにより健康障害が発生する。慢性の筋肉痛 は正常な生活を阻害する。骨筋系の欠陥は特に子供の発育と活動の 障害となる。ウクライナの事故の後始末に働いた人の筋肉と腱の障 害は1991-2001年 にかけ2.3倍となった。ウクライナでは胎盤のセシウム137が0.9-3.25Bq/kgだった子供に中空骨や脊椎軟骨の損傷がみられた。ロシアでは事 故の後始末に働いた人の30-88%に骨粗鬆
 神経系

低放射線レベルでも神経系への影響は大きい。高度神経系においても視覚神経系においても神経精神病理学的不調においても同様である。脳は放射線に対し敏感 であることの証拠が増えている。中央ならびに自律神経系を変えて脳障害を引き起こす。高度汚染地域では低度汚染地域に比べ幻覚・幻聴がより頻繁に経験され る:白内障、ガラス体の変質、焦点調整不能、紫外線脆弱性、結膜 炎
 消化系事故の後始末に働いた人には消化器官の疾病が増え、汚染地域で生まれた赤ん坊の先天的消化システムの機能不全が見られた。低放射 線の影響は変わっていて胃 腸器官上皮の機能は子宮内にいる期間だけでなく影響を受ける。事 故の後始末に働いたロシア人の消化器官疾病は9年間に渡り7.4 倍になった。白ロシアでセ シウム135が検出された若い避難者の40%は胃腸器官疾病患者であった。ウクライナの5-15kBq/m2レベルの汚染地域の人々と、管理グループを比較すると、胃の粘膜の退化が5倍、腸の変質が2倍であった
 皮膚 汚染地帯では事故直後、皮膚と皮下組織の病気が増えた。原因としては外部からの放射線に加え、内蔵疾患の影響が考えられる。1988-1990年において 皮膚疾患は4倍になった。ロシアの汚染地域の子供とティーンエイジ世代の60%で皮膚疾患がみられた。事故の後始末に働いた人で 乾癬を発症した人の97% は神経系と胃腸に問題を抱えていた
 感染症 放射線は寄生虫など我々の共生生物たる微生物相、動物相に働きかけて生物共同体を変えてしまう。汚染地域では食中毒、胃腸炎、敗 血症、ビールス性肝炎、呼吸器系ビールスが増える証拠がある。
病原菌が強くなったのか人間が弱くなったのか、両方なのかはいまだ不明である

先天性奇形(CM)
汚染地帯では子供の遺伝的異常、先天性奇形が増える。手足、頭 身体の損傷を含む。先天性奇形はいまだ増えつつあり、その程度は汚染度に比例することは仮説ではなく、事実である

腫瘍
1986-2056年のガン患者は9,000-28,000人とするWHO予測は過小評価である。I-131とCs137だけでもヨーロッパで 212,000-245,000人、その他世界で19,000人であろう。高濃度Te-13、Ru-103、Ru-106、Cs-134と長期にわたる Cs137、Sr-90、Pu、Amは数百年の影響をのこすであろう

死亡率
1990-2004年のウクライナ、ロシア、白ロシアの死亡者21.2万はチェルノブイリ事故が原因で全死者の4%
事故の後始末に働いた若者の総数83万人の15%の11.2-12.5万人は2005年を迎えることなく死亡
ヨーロッパの数億人の住民のうち、数十万人がチェルノブイリが原 因ですでに死亡し、これからも増え続ける
ドイツのババリア州では1987年の死産率は45%増えた
デンマーク、ドイツ、ハンガリー、ノルウェー、ポーランド、ラトビア、スエーデン男女比逆転、死産が増えた
英国では事故後10ヶ月間は妊娠後期の胎児死亡率が増えた
スエーデンでは事故直後と1989-1992年の幼児死亡率が増

加
ロシアの事故の後始末に働いた若者で事故後12年以内に死亡した人の87%は30-39才であった
セシウム137の汚染強度が555kBq/m2(15Ci/km2)以上の地域住民の平均寿命は8年短縮された
1999年のウクライナの汚染地域の死亡率は1,000人当たり

18.3人で他の地域の14.8人より28%高くなる
1994-2004年のロシアの汚染地域のブリヤンスク県の死亡

率は22.5%増えた。特に45-49才でみると87%増
 環境への影響 影響は人間だけでない。哺乳類、渡鳥、昆虫、森林、農作物がダメ

ージを受けている
放射線は植物の形態異常、腫瘍を生じる 動物相も放射線で影響を受ける。これは人間と大差ない
ミツバチは完全に居なくなった 微生物相はあまり研究されていないが放射線を受けての変化は急速

である
食料の汚染が最大の問題



Yablokov, Nesterenko and Nesterenko 2009 Ann NY AS Vol 1811

http://www.asahi-net.or.jp/~pu4i-aok/core/bookdata/1000/b1083.htm

To organize the vast literature of the Slavic Dr. Nesterenko of Belarus 2 Institute of Radiation Safety Russian Academy of Sciences member Dr. Yaburofu “The results are given to residents of Chernobyl and the environment,” wrote a report titled other.

Morbidity (morbility), disability (impairment and disability)

In 1985 Belarus will have healthy children was 90% in 2000 declined to 20%
The neonatal mortality rate in Belarus in 1986 over 1994 period rose 9.5 percent to 205 percent.

Young worked cleaning up the accident is 30% after 5 years of illness. After 10 years young and healthy 9%
Less
hot spots in Wales in 1986 – 1 body weight of newborns in 1987. Fell below 5kg
acceleration of aging
in Belarus is aging gastrointestinal epithelia infants
life in Ukraine 7 – years shorter 9
10 young people worked on cleaning up the accident the same year –
Life soon became ill 15 years 5 – years shorter 15
81% of the men who worked the accident cleanup, 77 percent of the women’s heart disease was

Cardiovascular diseases

Belarus is in the blood and lymphatic diseases of refugees in 1997 increased by 3.8 times after the accident than before it.
Contaminated area residents was 2.4 times compared to other local residents
In Ukraine 12 years after the accident is 11-15 fold increase in cardiovascular disease
Buriyansuku provinces of Russia a decade after the accident,
White blood cell count was too low for children
Doubling of the newborn after the accident Belarussian Red Spot
Increased to 22.1 percent from 2.5 percent of the average civilian worker fatal myocardial disease incident handling

Genetic damage

Ionizing radiation can damage genes.

This genetic damage will remain over several generations.

In the polluted zone was observed in many chromosomal abnormalities
Chernobyl was greater genetic influence on the effects of first generation exposed to large amounts of it because it was 1,000 times greater than the intensity of radiation in Hiroshima and Nagasaki
People exposed to a short half-life of radioactive substances after the accident,
Strontium-90 take 300 years but fall to the same level as the background, who live and coexist with cesium 137, plutonium, americium people living in contaminated areas, children and their influence will remain for generations 7
Norway has been observed in adults 56 has become a factor of 10 chromosomal abnormalities
Diseases trisomy present in the extra one chromosome 21 in Scotland (Down syndrome), doubling the 3Ci the cesium-137 / km2 (111, 000Bq / m2) 2 chromosomal abnormalities in the vicinity of Chernobyl in Russia –
Fold increase in 4 chromosomal abnormalities in adults in Austria 17 – fold increase in 6
1987 in Belarus – 49% more Down syndrome between 1988 and 1987-1994 years in other countries. subjected, up 17% Belarussian children and parents exposed to radiation, Satellite DNA mutation doubles a child lived in the Ukraine.

Congenital anomalies of child development with a father irradiated at 6 years after the accident in Ukraine in Belarus is 960-1200 per 10,000 people compared to other districts, and increased 1,135-1,376 people.

Spleen, parathyroid, thyroid, adrenal cortex, ovaries, testes, such as endocrine disease of the line has tripled.

Categories: Uncategorized

About Author

nika

Site admin, anti-nuke, scientist, busy.