Tepco rejected covering reactor 4 with stone coffin for financial matter

 

 

 

Mabuchi, former minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism stated he suggested building sarcophagus for reactor 4 to have Tepco refuse it. Nuclear accident investigation committee interviewed Mabuchi on 5/31/2012, which was not open to the public.

Mabuchi proposed to cover the 4 aspects of reactor 4 with concrete, which is called sarcophagus in Chernobyl just after 311. However, Tepco rejected it for the financial reason. Also, their pride as engineer stopped them from accepting the fact that they have to do the same thing as Chernobyl.

 

東京電力福島第一原発の事故を検証する国会事故調査委員会は31日、事故担当の首相補佐官だった民主党の馬淵澄夫・元国土交通相から非公開で聴取した。馬淵氏は終了後に記者会見し、4号機の四方を恒久的にコンクリートで覆う「石棺」案を事故直後に提案していたことを明らかにした。ただ、費用負担の問題などから、採用されなかったという。

石棺で固めるのは、チェルノブイリ事故でも取られた対応策だ。馬淵氏は、福島で採用されなかった理由を「東電側の費用の問題もある。チェルノブイリと同じことはしたくはないという技術者のこだわりもあったのではないか」と指摘。東電の抵抗が背景にあったという認識を示した。

 

Source 1 2

 

 

Categories: Spent Fuel Pools