Metropolitan Police Department went cautious about guerilla for Tepco

 

A truck driver witnessed a man attempting to arson with his jacket near entrance of a sales office of Tepco and reported it to police at 5:15 6/2/2012. The sales office is in Chofu Tokyo.

The witnessed man was 50~60 years old, 160cm tall, slender build, white hair.
From Metropolitan Police Department, burnt jacket was not left but there was a broken wine bottle and liquid was spreading like oil.

They are analyzing the liquid and record of security camera.
Central research institute of electric power industry sponsored by Tepco and other power companies had its wall burnt this April as well. It’s 4 km away from this sales office.

Metropolitan Police Department temporarily became cautious about guerilla.

 

↓ The Chofu sales office of Tepco in Tokyo


大きな地図で見る

東電調布営業センターで放火未遂 「白髪の男」目撃される
2012.6.2 09:54
2日午前5時15分ごろ、東京都調布市布田の国道20号(通称・甲州街道)を八王子方面に走行していたトラックの運転手から、「甲州街道沿いにある東京電力調布営業センターの出入り口前に上着を脱いで火をつけた男がいる」と110番通報があった。同センター出入り口のガラスドアが焦げていることから、警視庁調布署は現住建造物等放火未遂容疑で捜査を始めた。

同署によると、目撃された男は50~60歳で身長約160センチのやせ形。白髪だったという。現場に燃えた上着はなかったが、ワインの瓶が倒れ、周囲に油のような液体が広がっていた。

同署は液体の成分を調べる一方、現場付近の防犯カメラを分析するなどして男の行方を追っている。現場から約4キロ離れ、東電など電力各社が設立した財団法人「電力中央研究所」でも4月、壁などが焦げる事件があり、関連を調べる。

東電は昨年3月の東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所事故で批判を受けており、同署などは一時、ゲリラの疑いもあるとみて警戒した。

現場は京王線調布駅から北東約400メートルの国道20号沿い。

 

Source

 

 

Categories: Uncategorized

About Author