Strontium 90 spread over 1000km evenly in Pacific ocean

From 1/12/2012 to 1/15/2012, Japan Coast Guard measured cesium134, 137 and strontium 90 in sea water.

1/12から1/15まで、海上保安庁がセシウム134,137およびストロンチウム90の濃度を太平洋沖で計測しました。

As a result,

1. Strontium 90 exists about 17 ~ 62 % of cesium 134/137, where Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology assumed it would be 0.1 %.

ストロンチウム90は、文部科学省の予測ではセシウム134,137のおよそ1/1000とされてきましたが、実際は17%~62%のセシウム比で検出されました。

2. Strontium 90 evenly spreads from 170km offshore of Chiba to 1000km south east to Japan. It spreads from 1m to 100m deep in the sea as well.

ストロンチウム90は千葉沖170kmから1000kmまで、かつ表層1mから水深100mまでほぼ均一に拡散していることが分かりました。

 

↓ Red line shows concentration of strontium90. It is more flat than cesium 134/137 regardless of the distance / location / depth.

赤い線がストロンチウム90濃度を示しています。セシウム134/137濃度に比べて均一に広がっています。

Strontium 90 spread over 1000km evenly in Pacific ocean

 

Strontium 90 spread over 1000km evenly in Pacific ocean2

 

Strontium 90 spread over 1000km evenly in Pacific ocean3

 

Source

 

Categories: Sea contamination