Tag "svalbard"

Back to homepage
Column

[Column] Fell ill in the North Pole

Note : If you are from the international mass media, Don’t read this site before taking a contact with me.     I fell ill 2 days ago. It was

Column

[Column] Uneasy way for Japanese who spread over the world

Note : If you are from the international mass media, Don’t read this site before taking a contact with me.     I needed to make the contract with the

Column

北極スヴァールバルに住むことができるのか調査開始のお知らせ

This notice is for Japanese people.    拝啓   以前からツイッターやFacebookで話していましたが、いよいよ北極の調査を来月始めます。 場所はスヴァールバル諸島。ノルウェーの統治下であるものの、1920年に締結されたスヴァールバル条約により日本人はビザなしで住むことが出来ます。   ビザが必要ないものの、一体どんなところなのか見当もつきません。 インターネットの情報では一応病院や学校、スーパーもあり、タイからの出稼ぎも多いらしい。地元紙などもあり、インフラはそこそこ整っているものの吹雪の時はどうするのか。道でシロクマに襲われたりしないのか。ホテルはちゃんとあるのか、などなど、疑問はつきません。   バカバカしい政治や無意味なマスコミの喧騒に巻き込まれたくないという人の間で密かに囁かれていたスヴァールバルの存在ですが、実際に行ってみて確認した人はほとんどいないのが実情です。   今回、アンガマこと望月は11月下旬から(30歳の誕生日を潰して)約2週間滞在し、まずアパート。それから学校や病院、ATMは使えるのか。2週間太陽が出ないとどれくらい肌が白くなるのか、などをこの足で調べてきます。 すでにガバナーにネットや電話で問い合わせていますが、実際に会って腹を割って話してくる予定です。   まず西ヨーロッパの主要空港からどのように行くのか。何本くらいフライトがあるのか。機内食はなんなのか。つぶさに調べた結果をビデオも含めて随時更新していきます。   今までサイトの全記事、ルーマニアの案内、全てドネーションでまかなってきた望月ですが、本当に申し訳ありませんが今回は関心のある層がごく限られることから、オレオ代(10$ 何口でもおk)をサポートいただいた方にのみ情報を公開していきたいと思います(サイドバーのPaypalボタンから)。具体的にはFacebookのクローズドグループに招待する形で行います。   内訳 航空券代(ブカレスト↔スヴァールバル):8万円 ホテル:20万円 食費・おやつ:2万円 賄賂:0円  

Column

[コラム] ほっと出来る場所をルーマニアで探してきます

This is the Japanese version of this column.   物を欲しいと思わない人間には生きづらい世の中になってきました。 食べ物があり、仕事があり、触れ合う人間がいればそれ以上何も要らないはずなのに、車を買え、家を買え、あれを買えこれを買え。欲しがらない人間は”若者の◯◯離れ”と罵られ、非国民扱いです。 ルーマニアはブカレストのアパートに住んで3ヶ月になります。この間買ったのはカーテンだけ。 福島のことを調べ、運動のために歩き、食事をするという、シンプルな生活。これだけで、十分です。健康でいられれば。 ブカレストに居続けることも出来ますが、6月第一週に少し離れた地方都市に行きます。具体的には、SighisoaraとAradという街の周辺にある小さな村を散策し、ミニマルな生活が堪能出来る場所を探してきます。 ぼくがまだ若いからか、現地の人にもよく言われます。”なぜわざわざそんな辺鄙なところに行くのか。” しかし、ぼくのいた東京は世界最大の都市の一つ。そこをはなれた時点で、それと同じようなものはどこにも期待していません。東京でやれることはほぼやり尽くしましたし、もう十分です。要りません。 この”散策”には2つの目的があります。一つは以前に約束した通り、日本人のためのゲートを作るためです。日本人が海外で生活するにあたって一番大切なものが”仕事”であることは分かっていますし、Fukushima Diaryにそんなお金はありません。しかし、出来ることから始めていきたい。前に進んでいけば、自然に解決していくこともある。そういうことで、短期的、そして長期的に日本人が住めるような環境を探してきます。 もう一つは、これも以前約束したとおり、スバルバルドに行くための第一ステップを作るためです。スバルバルドはまだあまり行った人も多くなく、情報も少ない。その前にもう少し平穏でリスクの少なめな土地に安全圏を作っておくことは重要だと思っています。僕自身にとっても、今後の調査の事前予習になります。 調査項目は以下の6つ。 治安 生活費 学校や幼稚園の整備状況 医療機関の整備状況 気候 インフラ整備状況 実際ルーマニアの地方都市周辺にはフランスやイタリアからの移民が増えてきており、村落部に独自のコミュニティを作り始めています。おそらく、僕らと同じような考えを持っているのでしょう。 日本から出てきた人には田舎の方がブカレストよりも馴染みやすいかも知れないというのもあります。治安、文化、生活パターン。これらの面で、プレーンな田舎は住む人それぞれでカスタマイズ出来るという利点があるからです。 このような中で、この項目を調べてきてほしい、見てきてほしいという声があれば是非リクエストを頂きたく思います。随時調査し、Fukushima DiaryやTwitterなどで発表していきます。その際、もし調査費を支援していただければとてもありがたく思います。

Uncategorized

[Column] Accepting the requests about research for Romanian remote village

I have been in this apartment for 3 months but all I bought was the curtain. (Too bright in day time) From living like a Buddhism monk, I got to

Uncategorized

[Notice] The principle of Svalbard project

I still remember when I knew reactor3 possibly had a nuclear explosion. I came across the information on the internet maybe like you came across Fukushima Diary. It was 4/25/2011.

Column

[Notice] The plan of researching Svalbard for a radiation resort

Are Japanese packed in their land ? Do they have to obey their destiny ? Can’t anyone stay out of Japan for longer than 3 months without visa ? To