Tag "romania"

Back to homepage
Column

[Column] Nothing’s gona stop us moving on

2 days ago, I was invited to an event of a near kindergarten. It was to exchange international cultures for 2 ~ 6 years old kids. It was my honor

Column

[Column] On the road again

I decided to depart for the in-Romania research on 6/7/2013. There might be 1 ~ 2 days of delay but I will leave for it around that date. I told

Column

[Column] Building Rome

I don’t care about making a mistake. If I’m wrong, someone’s going to correct me. If nobody can, that means I was right. I was on the way to my

Column

[コラム] 国の運命は変えられなくても、自分の運命は変えられる

This is the Japanese version of this column.   僕はグーグルランクマニアではありませんが、去年の11月からFukushima Diaryのサイトのトラフィックを見るのはやめていました。 サイトのトラフィックは去年の9月から減り始めており、福島の問題に本当に関心のある人だけが最終的に残ってくれるんだろうと思っていました。その時から、僕の主な目的は福島を、「その日」が来るまで世界から忘れられないようにすることでした。 しかし今から約一ヶ月前、トラフィックが上がり始め、なぜか爆発的な勢いで上昇を続け、今でもそのレベルのまま推移しています。なぜか理由は全く分かりません。 ルーマニアで会社を作り、ビザをとる。全てが初めての経験で、ルーマニアにとってもレアなケース。何をやっても問題だらけ。 銀行などに関しても先週は問題続きで自分を集中させるのが難しい状態でした。 でもなぜかなんとか行っています。どういうわけか、なぜか少しづつ問題が解決されてきています。 道のないところを這い進む生活のなかで、諦めてはいけないということを身にしみて理解しました。抜け穴はいつも見つかるらしい。もちろん、身が軽ければ軽いほど通りぬけ易いわけですが。 不安に苛まれ、恐怖に足がすくむこともあります。自暴自棄になってしまいそうな時もあります。しかし世の中がうまく出来ているのは、明日という日は絶対に予想したとおりにはいかないということです。 今から一ヶ月。おそらく日本では誰もが選挙のことを話してると思います。世界の日本に関するニュースも選挙についてのことばかりでしょう。しかし我々に出来る事はもう非常に限られています。 おそらく、この選挙は何ヶ月も、何年も、何十年にも渡って続いてきた過程の到達点であり。我々が動くには遅すぎるのです。少なくとも日本ではそういう状態です。 おそらく自民党が勝つ。原発は再稼働され、人々の権利は危険なほど制限され、活動家と呼ばれる人たちは隅に押し込まれます。僕が2年前に日本を出た理由の一つにはこれがあります。 もう既に未来は決まっている。 しかし我々は諦めてはいけない。国を変えられなくとも、我々自身のことは変えられる。自分自身を変えられる。明日を変えられる。どこに住むかを決めるのは我々自身で、どういう死に方をするかを決められるのも我々自身。だから自暴自棄になっては絶対にいけない。 種を蒔き続けなければいけない。我々を助けられるのは我々以外にはいないのだから。     Iori Mochizuki   Thank

Column

[Column] Don’t stop sowing seeds

Though I’m not a “google rank mania” of website, I quit checking the traffic last November. It was declining since last September and I thought people who really care about

Column

[コラム] ほっと出来る場所をルーマニアで探してきます

This is the Japanese version of this column.   物を欲しいと思わない人間には生きづらい世の中になってきました。 食べ物があり、仕事があり、触れ合う人間がいればそれ以上何も要らないはずなのに、車を買え、家を買え、あれを買えこれを買え。欲しがらない人間は”若者の◯◯離れ”と罵られ、非国民扱いです。 ルーマニアはブカレストのアパートに住んで3ヶ月になります。この間買ったのはカーテンだけ。 福島のことを調べ、運動のために歩き、食事をするという、シンプルな生活。これだけで、十分です。健康でいられれば。 ブカレストに居続けることも出来ますが、6月第一週に少し離れた地方都市に行きます。具体的には、SighisoaraとAradという街の周辺にある小さな村を散策し、ミニマルな生活が堪能出来る場所を探してきます。 ぼくがまだ若いからか、現地の人にもよく言われます。”なぜわざわざそんな辺鄙なところに行くのか。” しかし、ぼくのいた東京は世界最大の都市の一つ。そこをはなれた時点で、それと同じようなものはどこにも期待していません。東京でやれることはほぼやり尽くしましたし、もう十分です。要りません。 この”散策”には2つの目的があります。一つは以前に約束した通り、日本人のためのゲートを作るためです。日本人が海外で生活するにあたって一番大切なものが”仕事”であることは分かっていますし、Fukushima Diaryにそんなお金はありません。しかし、出来ることから始めていきたい。前に進んでいけば、自然に解決していくこともある。そういうことで、短期的、そして長期的に日本人が住めるような環境を探してきます。 もう一つは、これも以前約束したとおり、スバルバルドに行くための第一ステップを作るためです。スバルバルドはまだあまり行った人も多くなく、情報も少ない。その前にもう少し平穏でリスクの少なめな土地に安全圏を作っておくことは重要だと思っています。僕自身にとっても、今後の調査の事前予習になります。 調査項目は以下の6つ。 治安 生活費 学校や幼稚園の整備状況 医療機関の整備状況 気候 インフラ整備状況 実際ルーマニアの地方都市周辺にはフランスやイタリアからの移民が増えてきており、村落部に独自のコミュニティを作り始めています。おそらく、僕らと同じような考えを持っているのでしょう。 日本から出てきた人には田舎の方がブカレストよりも馴染みやすいかも知れないというのもあります。治安、文化、生活パターン。これらの面で、プレーンな田舎は住む人それぞれでカスタマイズ出来るという利点があるからです。 このような中で、この項目を調べてきてほしい、見てきてほしいという声があれば是非リクエストを頂きたく思います。随時調査し、Fukushima DiaryやTwitterなどで発表していきます。その際、もし調査費を支援していただければとてもありがたく思います。

Uncategorized

[Column] Accepting the requests about research for Romanian remote village

I have been in this apartment for 3 months but all I bought was the curtain. (Too bright in day time) From living like a Buddhism monk, I got to

Column

[Column] The same reaction

5/12/2013 Because I’m going back on the road shortly, I was cleaning my room all day. Before the dinner time, I went to a cafe for a change. It was

Column

[Column] Post office seems more generous about PoBox than I thought

Having all of us exposed to radiation, Japanese government is imposing more and more restrictions on us. They are going to introduce “women’s note” system, and the bill of “My

Column Confirmed effects Cover-ups

[Column] Thyroid

Now I’m given the chance to do something for the world. I don’t want to waste anything, any time. I keep all receipts. Write Romanian words on them and put