Tag "research"

Back to homepage
Column

[コラム] 「脱日本」 ~あの国で”◯◯”するにはどうすればいいの?を調べる会社を設立

    日本人が狂った島から出て生きていけるため、世界の法律を調べ、各国に会社を作って売り、そしてそれらを共有して投資家ビザが取れるように会社を作りますた。(正確には作ってる中 @2014/5/1)   あそがまこと望月です。   会社名はHemenadoa(へめなーどあ)。   意味は「ありません」。 おそらく地球上のどの言語でも意味がない”新単語”で、今日の段階ではGoogleの検索結果もありません。 この会社に関すること全てが、このGoogle検索結果に載るでしょう。   オラソダ、そしてキプロス、と実地調査を積み重ね、何人も弁護士や会計士と打ち合わせを繰り返して事業計画を練った会社で、今日の段階でぼくのほか3人の日本人の方が出資者になっていただく予定です。   具体的には世界の国の法律の条文と実際の運用の「スキマ」を見つけること、ヨーロッパを始めとした世界中の国にカスタムメイドで会社を作って希望者に売ること、それらを通して日本人が投資家ビザをとり、また事業で成功することをサポートすること、が主な仕事です。   今これを書いてる段階ではまだ設立手続き中ですが、ツイッターのつぶやきから生まれた   「オラソダでもふカフェをやるにはどうすればいいの?」   や、   「オラソダでアパートを買ってAirbnbとかやっちゃったらどうなの?」   という案件ですでに弁護士がスタンバっていて、費用を払えば一週間くらいで全て謎がとける状態にセッティングしておりもす。   サイトを作っている時間がないのでとりあえず顔本とたそぶらーで専用ページを作り、オレオ(10€~ すみもすん、ヨーロッパ在住なので€にいたしやしたm(_ _)m)を頂けた方に「読めますよ権」を発行。浮上中の案件やシェア出来る範囲での調査結果を載せていきたいと思っておりもふ。   例えば上の「オラソダでアパートを買ってAirbnbとかやっちゃったらどうなの?」については、法律上の規制について450€くらいで弁護士に調査をお願い出来ます。

Column

【避難から世界征服】あそ氏はこの後イタリアとスペインをリサーチしもす

現在キプロスで移民、起業関係の調査をしているあそがまでございもす。 イースターによる兵糧攻めもありましたが、初めての場所でなんとか弁護士や会計士と繋がりを作り、来週他の日本人の方々と起業の運びとなりました。 3月に行ったオラソダの弁護士や会計士とも連携しながら、このキプロスで新しく生まれる会社を親会社に、来月中旬にはオラソダにも支社を作る計画です。 今回出資いただいた方々はオラソダで起業家ビザをとる条件も一部整えることができもふた。 その前には北極に行ってリサーチしてきたおれ氏ですが、このまま勢いを止めずに他のヨーロッパの国々も”征服” していくつもりです。w まずは日本人に大人気な二つのラテンの国、スペインとイタリアに行ってこようと思っておりまふ。 予定は5月下旬か6月からそれぞれ2週間。度重なるリサーチでだいぶ効率も良くなってきたので、2週間で十分だと思います。 現在スペインとイタリア両方の弁護士と調整していて、実際に赴いてみて空気感を感じてこようと思っておりもす。 キプロス、オラソダに作った会社はヨーロッパなどの世界征服を目標にしているので、まさにこの会社の初仕事にもなりもふ。 このように世界中に日本人の会社を作ってバーチャルな日本人村を作っていくのがぼく流の反原発活動でもあります。 スペインもイタリアもビザの発給が各国の領事館になるようです。しかしまだ日本にいらっしゃって、これから海外移住を考えておられる方にとっては好都合なのではないかと思いますた。 もちろん移民局などのサイトには起業に関するいろいろ細かいことが書いてあります。 しかしたとえば業務内容に関する縛りなどがあっても実際は大して重要な規則ではなかったりすることがあり、サイトだけを見て行く行かないを決めるのはとてももったいないのです。 北極、ルー、オラソダ、キプロスなどの調査でこのことを身を持ってまなびますた。 つまり、法律の条文と、実際の運用の隙間を、現地の民間の専門家と話して見つけてくるのがぼくのリサーチの焦点です。 たとえばオラソダでも有限会社の資本金は18,000ユーロ以上などと書いてありますが実際はゼロなんです。 ルーの長期滞在ビザも、三千万円以上の投資が条件とか書いてありますが実際はそれに限らないわけです。 こういう文言と実際の運用の違いというのは無数にあり、しかも常に変わっているわけです。 ここに”プリズンブレイク”のチャンスを見ました。 弁護士は最初のアドバイス段階では大抵無料ですし、起業にかかるコストもルイビトンのハンドバッグより安いです。 スペインやイタリアでも起業ですぐにビザが取れるか分かりませんが、まずそこのところから調べてみようとおもいもふ。 またヨーロッパは狭いですので、ちょっとどっかの国で会社を作ってもらって売って欲しいというお声があればいつでも作れますので一声かけてくさい。 ということで今後の予告でございますた。     Iori Mochizuki You read

Column

[Column] I’m in Cyprus now.

(This is the English ver. of this column)   Before a week passed since I came back from Netherlands, I flew from Bucharest to Cyprus. This is the latter half

Column

[Column] Because nobody else does it

When you live in the place without a heater, lamp, or hot shower, you appreciate the basic civilization that you didn’t even care before. I finally got the heater and

Column

[Column] My recent life

Some of the readers might think what Mochizuki is doing now.   I’ll go for research again. Some Japanese people are interested in Romania, and are coming here next month.

Column

[Column] Back from the field research – Romania is full of the chances

I passed out for three hours nonstop, which is quite unusual for me. I’m back to Bucharest yesterday evening.   The research was very fruitful with people who could answer

Column

[Column] Leaving for the next research

After having the company financial crisis, I feel like I’ve got to the third stage since I left Japan. The naive “traveler” to be out of Japan in the first

Column

[Column] On the road again

I decided to depart for the in-Romania research on 6/7/2013. There might be 1 ~ 2 days of delay but I will leave for it around that date. I told

Column

[コラム] ほっと出来る場所をルーマニアで探してきます

This is the Japanese version of this column.   物を欲しいと思わない人間には生きづらい世の中になってきました。 食べ物があり、仕事があり、触れ合う人間がいればそれ以上何も要らないはずなのに、車を買え、家を買え、あれを買えこれを買え。欲しがらない人間は”若者の◯◯離れ”と罵られ、非国民扱いです。 ルーマニアはブカレストのアパートに住んで3ヶ月になります。この間買ったのはカーテンだけ。 福島のことを調べ、運動のために歩き、食事をするという、シンプルな生活。これだけで、十分です。健康でいられれば。 ブカレストに居続けることも出来ますが、6月第一週に少し離れた地方都市に行きます。具体的には、SighisoaraとAradという街の周辺にある小さな村を散策し、ミニマルな生活が堪能出来る場所を探してきます。 ぼくがまだ若いからか、現地の人にもよく言われます。”なぜわざわざそんな辺鄙なところに行くのか。” しかし、ぼくのいた東京は世界最大の都市の一つ。そこをはなれた時点で、それと同じようなものはどこにも期待していません。東京でやれることはほぼやり尽くしましたし、もう十分です。要りません。 この”散策”には2つの目的があります。一つは以前に約束した通り、日本人のためのゲートを作るためです。日本人が海外で生活するにあたって一番大切なものが”仕事”であることは分かっていますし、Fukushima Diaryにそんなお金はありません。しかし、出来ることから始めていきたい。前に進んでいけば、自然に解決していくこともある。そういうことで、短期的、そして長期的に日本人が住めるような環境を探してきます。 もう一つは、これも以前約束したとおり、スバルバルドに行くための第一ステップを作るためです。スバルバルドはまだあまり行った人も多くなく、情報も少ない。その前にもう少し平穏でリスクの少なめな土地に安全圏を作っておくことは重要だと思っています。僕自身にとっても、今後の調査の事前予習になります。 調査項目は以下の6つ。 治安 生活費 学校や幼稚園の整備状況 医療機関の整備状況 気候 インフラ整備状況 実際ルーマニアの地方都市周辺にはフランスやイタリアからの移民が増えてきており、村落部に独自のコミュニティを作り始めています。おそらく、僕らと同じような考えを持っているのでしょう。 日本から出てきた人には田舎の方がブカレストよりも馴染みやすいかも知れないというのもあります。治安、文化、生活パターン。これらの面で、プレーンな田舎は住む人それぞれでカスタマイズ出来るという利点があるからです。 このような中で、この項目を調べてきてほしい、見てきてほしいという声があれば是非リクエストを頂きたく思います。随時調査し、Fukushima DiaryやTwitterなどで発表していきます。その際、もし調査費を支援していただければとてもありがたく思います。

Column

[Notice] The plan of researching Svalbard for a radiation resort

Are Japanese packed in their land ? Do they have to obey their destiny ? Can’t anyone stay out of Japan for longer than 3 months without visa ? To