Column

Back to homepage
Column

[コラム] 「脱日本」 ~あの国で”◯◯”するにはどうすればいいの?を調べる会社を設立

    日本人が狂った島から出て生きていけるため、世界の法律を調べ、各国に会社を作って売り、そしてそれらを共有して投資家ビザが取れるように会社を作りますた。(正確には作ってる中 @2014/5/1)   あそがまこと望月です。   会社名はHemenadoa(へめなーどあ)。   意味は「ありません」。 おそらく地球上のどの言語でも意味がない”新単語”で、今日の段階ではGoogleの検索結果もありません。 この会社に関すること全てが、このGoogle検索結果に載るでしょう。   オラソダ、そしてキプロス、と実地調査を積み重ね、何人も弁護士や会計士と打ち合わせを繰り返して事業計画を練った会社で、今日の段階でぼくのほか3人の日本人の方が出資者になっていただく予定です。   具体的には世界の国の法律の条文と実際の運用の「スキマ」を見つけること、ヨーロッパを始めとした世界中の国にカスタムメイドで会社を作って希望者に売ること、それらを通して日本人が投資家ビザをとり、また事業で成功することをサポートすること、が主な仕事です。   今これを書いてる段階ではまだ設立手続き中ですが、ツイッターのつぶやきから生まれた   「オラソダでもふカフェをやるにはどうすればいいの?」   や、   「オラソダでアパートを買ってAirbnbとかやっちゃったらどうなの?」   という案件ですでに弁護士がスタンバっていて、費用を払えば一週間くらいで全て謎がとける状態にセッティングしておりもす。   サイトを作っている時間がないのでとりあえず顔本とたそぶらーで専用ページを作り、オレオ(10€~ すみもすん、ヨーロッパ在住なので€にいたしやしたm(_ _)m)を頂けた方に「読めますよ権」を発行。浮上中の案件やシェア出来る範囲での調査結果を載せていきたいと思っておりもふ。   例えば上の「オラソダでアパートを買ってAirbnbとかやっちゃったらどうなの?」については、法律上の規制について450€くらいで弁護士に調査をお願い出来ます。

Column

【避難から世界征服】あそ氏はこの後イタリアとスペインをリサーチしもす

現在キプロスで移民、起業関係の調査をしているあそがまでございもす。 イースターによる兵糧攻めもありましたが、初めての場所でなんとか弁護士や会計士と繋がりを作り、来週他の日本人の方々と起業の運びとなりました。 3月に行ったオラソダの弁護士や会計士とも連携しながら、このキプロスで新しく生まれる会社を親会社に、来月中旬にはオラソダにも支社を作る計画です。 今回出資いただいた方々はオラソダで起業家ビザをとる条件も一部整えることができもふた。 その前には北極に行ってリサーチしてきたおれ氏ですが、このまま勢いを止めずに他のヨーロッパの国々も”征服” していくつもりです。w まずは日本人に大人気な二つのラテンの国、スペインとイタリアに行ってこようと思っておりまふ。 予定は5月下旬か6月からそれぞれ2週間。度重なるリサーチでだいぶ効率も良くなってきたので、2週間で十分だと思います。 現在スペインとイタリア両方の弁護士と調整していて、実際に赴いてみて空気感を感じてこようと思っておりもす。 キプロス、オラソダに作った会社はヨーロッパなどの世界征服を目標にしているので、まさにこの会社の初仕事にもなりもふ。 このように世界中に日本人の会社を作ってバーチャルな日本人村を作っていくのがぼく流の反原発活動でもあります。 スペインもイタリアもビザの発給が各国の領事館になるようです。しかしまだ日本にいらっしゃって、これから海外移住を考えておられる方にとっては好都合なのではないかと思いますた。 もちろん移民局などのサイトには起業に関するいろいろ細かいことが書いてあります。 しかしたとえば業務内容に関する縛りなどがあっても実際は大して重要な規則ではなかったりすることがあり、サイトだけを見て行く行かないを決めるのはとてももったいないのです。 北極、ルー、オラソダ、キプロスなどの調査でこのことを身を持ってまなびますた。 つまり、法律の条文と、実際の運用の隙間を、現地の民間の専門家と話して見つけてくるのがぼくのリサーチの焦点です。 たとえばオラソダでも有限会社の資本金は18,000ユーロ以上などと書いてありますが実際はゼロなんです。 ルーの長期滞在ビザも、三千万円以上の投資が条件とか書いてありますが実際はそれに限らないわけです。 こういう文言と実際の運用の違いというのは無数にあり、しかも常に変わっているわけです。 ここに”プリズンブレイク”のチャンスを見ました。 弁護士は最初のアドバイス段階では大抵無料ですし、起業にかかるコストもルイビトンのハンドバッグより安いです。 スペインやイタリアでも起業ですぐにビザが取れるか分かりませんが、まずそこのところから調べてみようとおもいもふ。 またヨーロッパは狭いですので、ちょっとどっかの国で会社を作ってもらって売って欲しいというお声があればいつでも作れますので一声かけてくさい。 ということで今後の予告でございますた。     Iori Mochizuki You read

Column

[Column] The most important thing in the time of hazard

Since 311, I’ve been hearing a lot of people say ” you should put this and that to an emergency bag or everyday bag at least. ” etc.. Yes, passport,

Column Contaminated water crisis Food contamination Sea contamination

[Video column] Fukushima Diary talks “Tepco washing off Plutonium to the Pacific, huge risk for the least effect”

Tepco plans to start discharging the bypass water to the Pacific from this coming June, but alpha nuclides including Plutonium-238/239/240 and Uranium-235/238 will not be tested nor filtered. It would

Column

[Column] “How to increase the amount of monthly donation ?”

Although some of the readers are canceling their monthly donation, other readers kindly ask me how to increase the value of monthly donation sometimes.   From what I’ve seen, the

Column

[Column] I’m in Cyprus now.

(This is the English ver. of this column)   Before a week passed since I came back from Netherlands, I flew from Bucharest to Cyprus. This is the latter half

Column

[コラム] 世界中に自分の支社を作ってビザを取る、という必勝パターンは効くのか。おれ氏、がキプロスで体を張って実験中。

(The English ver. of this column will be published shortly.)   阿部や石橋ゲルが日本を竹ヤリとか持ってるポツダム宣言前のオツムの足りない軍事国家に戻してしまう前に、いかに”日本人が連れ戻されにくいトラップ”を仕掛けるかというテーマでヨーロッパを奔走しているアソガマ氏です。 たくさんの小国が地中海を囲んでひしめきあい、違う制度のジャングルを形作ってるということはほとんどの日本人に知られていないし、世界的にもそこに着目してる人はほとんどいません。 ぼくはそのジャングルで恐竜時代のネズミのように駆けまわっています。 運河とレンガの町アムステルダムから、オリーブと白亜の島キプロスに来ています。が、これはオラソダ調査の延長線。ちょうど一週間前にブカレストに戻り、弁護士との打ち合わせ、各種支払、アパート物件の調査などを100人斬りにして6日後に次の舞台キプロスはニコシアに飛びました。 ぼくが急ぐのは他でもない、阿部やゲルの50歩先を行って、日本人がこれからどうしたらいいのかということの一つの必勝パターンを見つけるためです。 なんでキプロスなのか。 前のレポートでも書きましたが(顔本とたそぶらーの専用ページでのみ一昨日公開)、キプロスは税制関連で非常に”興味深い”国です。ここで起業し、行きたい国、住みたい国、ビザを確保したい国に支店を作ることでキプロスの”美味しさ”を活かしつつその国の滞在権と社会保障をエンジョイできる可能性があります。 理論上は可能です。あとは、実際に出来るのか、と一人の誰かが実証してみるだけです。 本当に西にずっと行けばインドに辿り着けるのか試したみたいなもんです。実際にはインドではありませんでしたが、代わりに何かを発見しました。 ということで、オラソダ調査後半戦ということでぼくが実証してみます。オラソダ調査で個人事業主ビザ以上の可能性を発見したみたいに、今回もいろいろな副産物を生み出していく見込みでありもふ。 基本的に理念には興味がないので、実際にいいと思うことを行動に移して具体的な結果を出すのがぼく流の政治活動であり、社会運動のつもりでやっています。”みんなで”とか言ってお上にお願いして、無視されて凹み、”次に繋げた”とか言い訳するという無駄なプロセスを省略しています。 キプロスというのはとにかく日本人にとって馴染みのない国です。なので北極調査の時と同じく、 キャベツは売っているのか(生活出来るのかをしらべる) ピザはいくらなのか(物価をみる) 道はきれいなのか(治安をしらべる) というところから始めて、 弁護士に会い、会計士と話をし、ためしにFukushima Diaryをルーからキプロスに移してみたらどうなるのか、などというところを調査してみたいと思います。 もちろんオラソダ調査の時と同じく、調べて欲しいこととかあったら現地で代わりに調べもす。

Column

[Video column] Fukushima Diary talks what I have done in Netherlands

I finished my 4 weeks research in Netherlands and came back to Bucharest this Monday. I recorded the brief report on this video.         Iori Mochizuki Downplay

Column

[Column] I just found what I was exactly looking for in Netherlands

Back in 1912, Japan and Netherlands made a special treaty, which may change how Japanese live in 100 years from then. With that treaty, Japanese people can obtain visa with

Column

Fukushima decommissioning falling apart / Fukushima Diary talks

            Iori Mochizuki Downplay it in the beginning, and quietly add more information so nobody notices it. All for not letting the cattle escape. This