Fukushima prefecture requested Hirosaki university to stop internal exposure test

 

 

 

Fukushima prefectural government requested Hirosaki University to stop internal exposure test “because it causes fear of Fukushima people”.

Researching team of Hirosaki university conducted radiation test for Iodine 131 taken in the thyroid for 17 people in Namiemachi, where is in planned evacuation area and 45 people who evacuated from MInamisoma to Fukushima (62 in total). The researching team obtained the permission of the citizens and local government.
To make the reliable data, they needed over 100 testees but the local medical department of Fukushima prefecture stopped them conducting further research. They commented, “The researching team is allowed to measure environmental radiation level but internal exposure test causes fear, it shall be stopped.”

The medical department states, they don’t remember that comment but they actually requested other universities to “understand the feelings of local citizens.” as well.
As the result, almost none of the internal exposure data of Iodine 131 remained.

The radiation data of those 62 people are already published. On the assumption that they took Iodine 131 to their thyroid on 3/12,the total dosage of internal exposure of the 5 people exceed 50 mSv, which they had to take iodine preparation from the regulation of IAEA. However now it’s considered to be more possible that they took iodine 131 on 3/15, they are analyzing the data again.

Around the end of March 2011, Nuclear disaster headquarters of the government actually conducted thyroid internal exposure test for 1080 of 0 ~ 15 years old people living in Iidate mura but because they used the simple equipment, they couldn’t measure iodine 131 directly.

 

<福島原発>県が内部被ばく検査中止要請…弘前大に昨年4月
毎日新聞 6月14日(木)2時32分配信
東京電力福島第1原発事故後、福島県浪江町などで住民の内部被ばくを検査していた弘前大の調査班に、県が検査中止を求めていたことが分かった。県の担当者は事実確認できないとしつつ「当時、各方面から調査が入り『不安をあおる』との苦情もあった。各研究機関に『(調査は)慎重に』と要請しており、弘前大もその一つだと思う」と説明。調査班は「きちんと検査していれば事故の影響を正しく評価でき、住民も安心できたはずだ」と当時の県の対応を疑問視している。

弘前大被ばく医療総合研究所の床次眞司(とこなみ・しんじ)教授らは昨年4月12~16日、放射線量が高く、後に計画的避難区域に指定された浪江町津島地区に残っていた17人と、南相馬市から福島市に避難していた45人の計62人について、住民や自治体の了解を得ながら甲状腺内の放射性ヨウ素131を測定した。このうち3人は2度測定。検査の信頼性を高めるためには3桁の被験者が必要とされ、その後も継続検査の計画を立てていた。ところが県地域医療課から「環境の数値を測るのはいいが、人を測るのは不安をかき立てるからやめてほしい」と要請されたという。

ヨウ素131は甲状腺にたまりやすく、がんのリスクを高めるとされる一方、半減期は8日と短く、早期検査しなければ原発事故の影響を把握できない。床次教授は「放射線への不安が長引いているのは当時の情報がないからだ」と指摘する。

県地域医療課の担当者は「やりとりの詳細は記憶にない。弘前大以外にも県の災害対策本部として『住民の心情を察してほしい』とお願いしてきた」と説明する。だが、こうした要請の結果、事故初期段階でのヨウ素131の内部被ばく実測データはほとんど残されなかった。

62人の検査データは既に公表され、事故翌日の昨年3月12日にヨウ素を吸引したと仮定して内部被ばくの積算線量を推計したところ、5人が国際原子力機関の定めた甲状腺がんを防ぐヨウ素剤服用基準の50ミリシーベルトを超えていた。ただし現在は3月15日にヨウ素を吸引したとの見方が有力になっており、再解析が進められている。

甲状腺の内部被ばく検査を巡っては、国の原子力災害対策本部も3月下旬、飯舘村などの0~15歳の計1080人に実施したが、これはヨウ素を直接測ることができない簡易式の検出器だった。【町田結子】

 

Source

 

 

About Author