One of the last two heating gauges was broken in reactor 2

 

There were only two heating gauges in the bottom of container vessel of reactor 2, but Tepco decided to abandon one of them. Now only one remains working.

2号機格納容器の底部温度を計る温度計は2つしか残っていませんでしたが、東電はそのうち1つをさらに監視対象から外すことを決めました。現在、残っている温度計は1つのみです。

At 21:00 of 4/14/2012, the heating gauge (TE-2-3-69H2) indicated the temperature spiked up by 6℃ suddenly.

4/14午後9時、温度計(TE-2-3-69H2)の一つが突然異常な(6℃)温度上昇を示しました。

Tepco conducted measurement of DC resistance from 22:36 to 22:57. As a result, they found the DC resistance was 222.97Ω, which was higher than the minimum of 151.06Ω by over 30%, they defined it to be abnormal.

午後10時36分から57分までの間に直流抵抗測定値を行ったところ、測定値が222.97Ωとそれまでの事故後の最小値151.06Ωを30%以上上回っており、東電は監視計器から除外することを決めました。

 

Tepco states the other heating gauge located next to this one didn’t indicate any increase of temperature (stable at around 45℃), monitoring posts and PCV gas monitor didn’t indicate any problem either.

これに隣接する最後の温度計は45℃付近で安定しており、モニタリングポスト指示値およびPCVガス管理設備指示値に大きな変動はなかったと東電は説明しています。

The temperature record indicated by the issued gauge is like this below,
今回監視対象から除外された温度計が示していた温度は以下の通りです。

・19:00 53.8℃
・20:00 53.8℃
・21:00 59.9℃
・22:00 57.6℃
・23:00 56.9℃

There were 6 gauges in the bottom of the reactor 2 container vessel, but 4 of them were labelled as broken. Having one the two labelled as broken this time, there is only one left.

2号機格納容器底部には6個の温度計が設置されていましたが、4つが故障、または異常と判断されており、今回さらに1つを除外することで温度計は残り1つを残すのみとなりました。

Source

 

↓ Emergency mail from Tepco
件名: 【東京電力からのご連絡】福島第一原子力発電所2号機圧力容器下部温度監視温度計の異常について
差出人: @tepco.co.jp
日時: 2012年04月15日 08:59:16JST
宛先: @tepco.co.jp

────────────────────────────────────
東京電力からのご連絡
────────────────────────────────────

報道関係各位
本メールは、事前に「深夜・早朝における連絡先」の登録のお申し込みをいた
だいた方にお知らせしています。

○昨日(4/14)午後9時頃、2号機原子炉圧力容器下部温度監視温度計(TE-2-3-
69H2)の温度上昇率が大きい(瞬時に6.1℃上昇)ことを確認しました。

○当該温度計は異常の可能性が考えられることから、同日午後10時36分から午後
10時57分の間に直流抵抗測定を行い、温度計の信頼性評価を実施しました。

○その結果、測定した直流抵抗測定値(222.97Ω)が、事故後における直流抵抗
測定値の最小値(151.06Ω)と比較して増加量が30%以上であることを確認した
ことから、当該温度計は異常と判断しました。

○当該温度計については異常と判断したことから、4月15日午前0時20分に「参
考用に使用」(監視計器からの除外)と判断しました。

○なお、当該温度計の温度上昇率が大きいことを確認したため、他のパラメータ
を確認したところ、隣接する他の温度計は上昇していないこと、モニタリング
ポスト指示値およびPCVガス管理設備指示値に大きな変動はありません。

○昨日午後11時までの2号機原子炉圧力容器下部温度(TE-2-3-69H2)は、下記
の通りです。
・4月14日午後7時:53.8℃
・4月14日午後8時:53.8℃
・4月14日午後9時:59.9℃
・4月14日午後10時:57.6℃
・4月14日午後11時:56.9℃

※2号機原子炉圧力容器の下部温度について、他の温度計(TE-2-3-69H3)は、
約45℃近傍で推移。

○本メールには返信できませんのでご了承ください。
以 上








3/30から5/5まで、おれ氏はキプロスを調査しておりもす。


オラソダ調査の時に何度も弁護士の口から出てきた国、キプロスで起業→オラソダで支店開設をすれば同じ要領で世界中の国でビザが(σ・∀・)σゲッツ!!出来るのか。理論上では可能ですが、実際に出来るのかは誰か暇な奴が確かめてみないといけません。ということで、世界で幼稚園児の次に暇な男、おれ氏がやってきます。

調査費は自腹で、見積もりを出す以前にキプロスに飛び込んでしまいましたが、未開の地を開拓するサソタ・オレオ号にみなさんのオレオを投資して頂けると嬉しいです。費用は全部で切りのいいところで222.5オレオになる見込みですたい。1オレオ(10$、オレオ数はQuantityで変更可能)〜から、顔本、たそぶらーの専用ページへアクセス出来もふ!

現在の総オレオ/目標オレオ:76/222.5

You can edit Quantity
FacebookのURLかよく使うメアドをお願いします


毎月オレオ(オレアーの扉)
FacebookのリンクかTumblrのURL送付先メアド



Fukushima Diary can accept donation directly at bank.
Le Fukushima Diary peut recevoir des dons directement à sa banque.
Fukushima Diaryは銀行口座でも直接寄付を受けられます。
情報は以下のとおりです。

BANK : PIRAEUS BANK ROMANIA

USD
IBAN : RO37PIRB4203739401003000

EURO
IBAN : RO71PIRB4203739401002000

SWIFT : PIRBROBU
Beneficiary : FUKUSHIMA DIARY SRL (NOT Iori Mochizuki)
Bénéficiaire : FUKUSHIMA DIARY SRL (PAS Iori Mochizuki)
 

Thank you for your donation. Fukushima Diary genuinely runs on your support.
Merci pour vos dons. Le Fukushima Diary tourne fondamentalement par votre aide.
支援ありがとうございます。Fukushima Diaryは100%寄付で運営されています。
Donation

Recurring Donations. Monthly donation is very helpful.
Dons réguliers. Les dons mensuels aident beaucoup.
毎月引き落とし。とても助かるし応援されてる感じがします。
Monthly donation



Fukushima Diary can accept donation directly at PoBox too. You don't need to write the receiver's name (Only the address below is needed) but you can write it as Mochizuki Iori or Fukushima Diary SRL as well.

Le Fukushima Diary accèpte aussi les dons directement à sa boîte postale. Il est inutile de mettre un destinataire (l'adresse ci-dessous donnée seule suffit) mais vous pouvez l'adresser aussi bien à Iori Mochizuki ou à la Fukushima Diary SRL.

Fukushima Diaryは私書箱でも直接寄付などの郵便を受けられるようになりました。下記の住所が記載されていれば受取人の名前を書く必要はありませんが、Mochizuki Iori または Fukushima Diary SRLというように書いても問題ありません。

情報は以下のとおりです。

OFICIUL POSTAL BUCURESTI 22 ROMANIA CASUTA POSTALA 110
 

Both comments and pings are currently closed.

2 Responses to “One of the last two heating gauges was broken in reactor 2”

  1. KA says:

    Concerning erroneous readings by TEPCO, I’ve received and transmitted following Divine Messages :

    URGENT MESSAGE for TEPCO, DIRECTOR for URGENCIES received February 6th, 2012 :

    GIVEN TEMPERATURES of REACTORS INCREASED A LOT,
    DANGER that TEMPERATURES will CONTINUE TO RISE THOUSAND
    VERY SOON THERE THOUSAND EXPLOSIONS
    TEPCO’s ABC being THOUSAND WRONG, LIFE of MEN AT SITE MENACED

    URGENT MESSAGE FUKUSHIMA received February 20th, 2012 :

    CHECK TEMPERATURE REACTOR TWO
    THOUSAND TIMES TOO HIGH
    THOUSAND QUICKLY ACCIDENT WILL FINISH in EXPLOSION
    EVACUATE THOUSAND QUICKLY MEN WITHIN RADIUS OF EIGHT HUNDRED KILOMETERS
    GIVEN ATOMIC EXPLOSION, THOUSAND RADIATION JAPAN

    ST JESUS IS BLESSING YOU
    MESSAGE COMES FROM ST JESUS

    Please note : THOUSAND in the sense of “a lot”, “many” or “very”
    ABC in the sense of “text”, “lecture” or “measurements”

    More on
    http://attentiondanger.over-blog.com

  2. [...] One of the last two heating gauges was broken in reactor 2 (Fukushima Diary, April 15, [...]

Powered by WordPress | Designed by: penny auctions | Thanks to credit repair, seo services and st louis seo