13,300 Bq/kg from the ash of firewood for dried bonito and concealed for 8 months

 

On 4/12/2012, Yaizu fisheries processing industry cooperative and Cooperative YAIZU marine processing center announced they measured 13,300 Bq/kg of cesium from the ash of firewood for dried bonito back in August. Though they were concealing the fact for 8 months, they state they didn’t measure cesium from their dried bonito products.
The contaminated ash is 8 tones, mixed with the firewood from North kanto and Fukushima etc. The worker to landfill the ash of 13,300 Bq/kg for one year will be exposed to 1.3 mSv/y, which is over 1.0 mSv/y.

 
焼津鰹節組合水産加工業協同組合と協同組合焼津水産加工センターは去年の8月に使った鰹節乾燥用の薪の灰から13,300 Bq/kgのセシウムを検出したと4/12に発表しました。
検出から8ヶ月に渡って情報を隠していましたが、鰹節からはセシウムは検出されなかったと説明しています。
汚染されていることが分かった灰は合計8トン。薪は北関東産や福島産のものを混ぜて使用していました。13,300Bq/Kgのの灰を埋立処分する作業を1年間した場合、従業員の被曝量は年間約1・3ミリシーベルトとなり、一般の許容限度とされる1ミリシーベルトを超えます。

Source

 

 

Categories: Uncategorized