Reactor crane was removed from reactor 4

Reactor crane was removed from reactor 4

 

Reactor crane was removed from reactor 4 2

3/5/2012, Tepco removed the reactor crane of 110 tones to pick up nuclear fuel etc..
They will scrap the crane, shield highly contaminated parts. Tepco is planning to remove the cover of the container vessel in the end of August, start covering the whole reactor building.
It’s planned to be the end of 2013 to remove the spent fuel.

Source

福島第一原発の4号機で、核燃料や圧力容器のふたなどをつり上げる大型クレーンが撤去されました。

4号機は事故当時、定期点検中で、核燃料はすべてプールに入れてありました。爆発の影響で建屋上部が破壊され、核燃料などをつり上げる大型クレーンは使えなくなっていました。東京電力は、作業員を建屋の中に入れるなどして撤去作業を続けてきましたが、今月5日、重さが110トンあるクレーン本体をつり下ろしました。さらに小さく解体し、放射線量に応じて保管するということです。今後は、8月末を目標に格納容器のふたも撤去し、建屋カバーの設置を始めます。使用済み燃料の取り出しは来年末を目標にしています。

 

 

Categories: Plant hazard