Internal document “SPEEDI result is too serious. can’t be disclosed.”

 

Insider document was made to record that 3 administers including Takagi, Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology, and administrators of MEXT discussed the SPEEDI result and judged it was too serious to disclose. It was 3/15/2011, the next day of reactor 3′s nuclear explosion.
MEXT explains it was made by non-engineering staff, it was not accurate. They didn’t judge if they should disclose it or not.
Proceedings about SPEEDI disclosure has not been published.

Source

SPEEDI予測「公表できない」 文科省文書に記載
2012年3月3日 02時23分
東京電力福島第1原発事故5日目の昨年3月15日、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による放射性物質の拡散予測について、当時の高木義明文部科学相ら政務三役や文科省幹部が協議し「一般にはとても公表できない内容と判断」と記した内部文書が作成されていたことが2日、同省関係者への取材で分かった。
文科省は「事務方が作ったメモだが不正確。公表の具体的な判断はしなかった」と内容を一部否定している。
事故直後のSPEEDIの試算公表をめぐる文科省の議事録などは公表されていなかった。
(共同)

Categories: Uncategorized