A Japanese woman had her visa declined by Indian government

 

A Japanese woman from Fukushima was invited to India by Green peace, but Indian government canceled the visa though they had already given it to her.
She was involved in the action to save children from nuclear, some of the indian media introduced her as an anti nuclear activist.
Indian government was concerned about that her visit may make the domestic anti nuclear activity more radical.

Source

2012年03月09日(金)08時33分
インドが福島女性のビザ取り消し
反原発運動に過敏反応か
【ニューデリー共同】東京電力福島第1原発事故の発生当時、福島市に在住し、環境保護団体グリーンピースの招きでインドを訪れる予定だった日本人女性が、一度発給された査証(ビザ)をインド政府から取り消されていたことが分かった。グリーンピース・インドが8日、発表した。

女性は原発事故による放射性物質から子どもたちを守る活動に従事。インドの一部メディアは女性を「反原発の活動家」と伝えており、福島の事故後、国内の反原発運動に過敏になっているインド当局がビザを取り消したとみられる。

発表などでは、女性はインドで原発建設予定地周辺の住民らに自らの体験を語る予定だった。

Categories: Uncategorized